読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちびドラマーチ

神奈川在住の1児の母です。妊娠期間の半分以上、本気で苦しんだつわりのこと。子育てのこと。大好きなドラマのレビュー書いています。

『つわり体験記』妊娠10週目、味覚・嗅覚・視覚・聴覚までも悪阻は変化させるpart1

つわり体験記 つわり体験記-妊娠初期

スポンサーリンク

妊娠10週 実家についても地獄のつわりは続く

自宅のアパートから6時間かけて実家に戻ってきました。
実家に戻ってきても相変わらず寝たきり状態です。
とにかく動くのが辛いのでリビングのソファに横になり、テーブルに必要な物は揃えてもらいました。
動くのはトイレに行くときだけです。

よく聞くのが10週位がピークでその後はどんどん良くなって、胎盤が完成する15~16週頃には治まる人が多いと言う話でした。
これはつわりに関するネット記事や雑誌や本などどれにも同じような事が書いてあったので、勝手にそういうものだと思い込んでいました。

実際、主治医の先生にも同じような事を言われました。

私は秋ごろからつわりが始まったのですが、


「今は苦しくても大丈夫!クリスマスケーキもおせちも食べられるよ」

と入院中に言われていました。その時はそんなに先なのか…。耐えられるのかなと思いましたが。
何とか耐えに耐えに耐えて・・・、やっと迎えた妊娠10週目ですがこれが本当にピークなのでしょうか??


ピークといっても悪阻が始まった時からあまり変わっていない。

これで気づけば良かったが、ピークだとでも思わないと過ごせない位苦しくなっていました。
今がピークだとしたらもしかしたら、明日には終わるかもと思い一日を過ごす。
毎日吐きながら耐えて、何とか夜眠りにつきました。

色々ネットで調べては期待する毎日を過ごしました。以下、私が期待したつわり口コミの数々・・・。

  • 朝起きたら嘘のようにつわりが無くなった。
  • 10週がピークだったが11週になった途端すっきり止まった。
  • 食べれなかったのが急に食欲が出てきて何でも食べれるようになった。
  • 気分が良い日と悪い日を繰り返して次第によくなった。


いや、見えてましたよ(涙)

産むまでつわりが終わらなかった。

分娩台で産みながら吐いてた。

この悪魔のような口コミも。
でも、そう思ったら頑張れないんですよ・・・。見たくない!そんな情報見たくない!聞きたくない!!

悪阻ではわずか数週間で今までと様々な事が変わって行きました。それを以下にまとめてみます。

味覚の変化

まず、食べられない。これに尽きます。
何故食べられないのかというと気持ちが悪いというのは大前提として…。

口の中が苦い
今まで味わったことがない感覚です。本当に苦いです。
何も食べてなくてもずっと口の中が苦くてそれが気持ち悪さを悪化させます。
むしろ、何かを食べた後の方が少しましになる位に感じます。
寝ているとき以外はこの感覚を味合わなければいけない為、非常に辛いです。

食べられるものが極端に狭まる
好き嫌いは多い方ではありません。
しかし、悪阻になってほとんどの物が食べられなくなりました。
食べられたものは以前書いた通りですが…。
本当にごくわずかですね。

嗅覚の変化

驚きです。人間の嗅覚はここまで敏感になるものとは。
犬並です。本当に犬並です。
臭かったものは挙げだしたらキリがないのですが(また書くかもしれません)

一番は実家のペットの犬ですね。
今、妊活をされてる方でペットを飼っている方がいたら要注意です。つわりがないに越したことありませんが、つわりがない人は全体の1割~2割程度だそうです。
私みたいに酷くなる可能性もあります。
念の為書きますが、私は実家の犬好きですよ。
でもでも、本当に臭いんです…。ペット独特の臭いってありますよね。あれです。
息を止めなければ廊下に出ることも出来ません。
(我が家は犬のいるゲージのある部屋のドアは開けっ放しです)
ちなみに、犬だけでなく犬のエサもかなり臭いです。嗅いだら吐いてしまいます…。



part2に続きます…
ppp2500.hatenablog.com
妊婦さんにおすすめの本を紹介しています
www.tsuwari-hanako.com