読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちびドラマーチ

神奈川在住の1児の母です。妊娠期間の半分以上、本気で苦しんだつわりのこと。子育てのこと。大好きなドラマのレビュー書いています。

【妊娠初期】妊娠重症悪阻の私が教える3つのつわり軽減対策

妊娠期間 妊娠期間-つわり対策

スポンサーリンク

妊娠重症悪阻の私が教える妊娠初期のつわり対策

f:id:ppp2500:20160129132220j:plain

私は妊娠重症悪阻と診断されました。

このブログに書いてある「つわり体験記」を読んでいただければ分かると思いますが、当時は相当苦しみました。思い出すだけでちょっと気持ち悪いです(汗)

だいたい妊娠期間の半分くらいはつわりと戦っていたでしょうか?私は酷い方だったのでピーク期間も長く、終わるのも遅かったんです。

つわりって本当に辛いですよね。

なかなかつわりに関する情報って少なくて、何とかならないものかと試行錯誤したものです。経験者の私だからこそ発信出来る情報もあると思うので、紹介してみたいと思います。

つわり体験記を読みたい方はこちら

www.tsuwari-hanako.com

つわり対策 1.寝る

つわり 対策としての究極はこれに尽きます。寝る、とにかく寝るのです。

つわりには産婦人科で出される漢方や薬もありますが、それらを飲んだからといって症状が劇的に改善するわけではありませんでした。個人差もあると思いますが、私の場合は気休めか思い込みによるフラシーボ効果で少しマシかな?位のものでした(涙)

えーーー!

とショックを受けられた方、すみません。

自分の体に新しい命が宿って育てるというのは、やはり体には大きな負担となります。新しく臓器(胎盤)を作り出し、血液を増やし、赤ちゃんに栄養を送るのです。こんなに大変なことをしているのですから母体もおかしくもなりますよ!

体が妊娠状態に慣れるまである程度時間がかかります。

その時間をどう過ごすかですが、私は「寝る」と言うのが一番良いと思います。起きていると気持ち悪くて苦しいですが、眠っている間はその苦しみから解放されます。

眠ってなるべく時間を稼ぎつわりをやり過ごしていくのが一番いいと思います。

 

仕事は無理なら診断書をもらって休みましょう。

お子さんがいるのなら少しの時間でも預かってくれる人や場所はありませんか?

ご飯は買ってきたものでもいいです、部屋も少しくらい汚くても仕方ありません。

 

無理をすると体にも負担がかかり倒れてしまうことは良くあることのようです。周りを頼って決して無理はせずに横になってゆっくり休んでください。

つわりは時間と共に軽くなります!これは絶対にです!!

この辛さが永遠に続くような気がしますがそんなことはあり得ません。

つわり対策 2.誰かにそばにいてもらう

つわりは精神的なものも関係していると私は思います。

よく、仕事をしている方がつわりが楽だとか子供を見ている方が楽だとかの情報を目にしました。確かにそれが出来るのでしたらその方が気が紛れて楽かもしれません。

私は重症だったのでそのような事を言われたり、聞いたりしても

 

いや、仕事出来たり子供の面倒見て気が紛れるなら、つわり自体そんなに重くないでしょ!こっちは寝たきりで起きることさえできないんだよーーーーー!!!!!

 

と怒り心頭でした。

正直、誰かが出来たから自分も出来ると言うのはつわりに関しては当てはまらないと思います。人それぞれ辛さの度合いが全然違うので、つわりが無い人もいますし重症の人もいます。

しかし、この何かをしていると気が紛れるというのはあながち間違いではないような気がします。と言うのも、私は家事とか仕事出来る状態ではなかったのですが家族がそばにいてくれると体調が少し落ち着きました。

 

これって精神状態が安定して、気が紛れていたからです。

信頼できる人がそばにいて(旦那様でも、母親でも)辛いときに手を握ってもらったり飲み物をくれたりするだけでも違います。そばに誰かがいてくれると思うと安心できてつわりの症状もいくらか軽くなりました。

 

もし出来るのなら、仕事とか子育てとかもつわりから目をそらすという事ではいいかもしれないです。1人で、

あー、辛い・・・苦しい・・・気持ち悪い。

とぐるぐる考えているよりは絶対精神的にいいです。

私みたいに何も出来ない人は家族とかにそばにいてもらうだけでも違いますよ。こんなにも誰かにそばにいてもらうというのが重要だとは思いもしませんでした。

一度実家に帰って療養するというのも手かもしれません!

つわり対策 3.食事は食べられるものを食べる

つわりになると本当に食べられないです。

もう自分でも信じられない位何も食べられなくてどんどん痩せていきました。

気持ち悪い⇒食べる⇒吐く⇒見るのも気持ち悪い⇒食べたくない

と言うように自分からどんどん食べ物を遠ざけてしまうのです。気持ち悪くて食べるどころか見るのもにおいをかぐのも想像するのもだめです。

なのに、どうしてもこう思うんですよね。

食べなきゃ。

何としてでも食べなきゃ!

赤ちゃんに栄養あげなきゃ!

あ、そうだ葉酸もとらなくちゃ!!

この食べよう食べようと言う思いが自分にすごくプレッシャーをかけるのです。どうにか栄養のあるものを食べようと何とかしようと頑張るけどやっぱりダメ・・・。

周りも心配して「食べろ!食べろ!」と言うのでますます追い詰められていきました。赤ちゃんの為に食べなければいけない、でも出来ない私は最低だと自分を責めてしまっていました。

そうやって苦しんでいる時に私は主治医の先生にこう言われました。

無理して食べなくて大丈夫ですよ。

自分で食べられそうなものなら何でもいいんです。

栄養なさそうでも大丈夫です。妊娠初期は赤ちゃんは栄養の(卵黄のう)を持っているので平気なんですよ。

脱水にならないように気を付けて、あとは好きな物だけ食べてください。

医師にそう言ってもらってからは途端に楽になりました。

 

あー、そっか!赤ちゃんは自分でも栄養を持っているのか!

私は自分の食べられる物から口にすればいいんだ!!

 

確かにバランスよく栄養とれれば一番いいと思います。でも、それが出来ない。頑張っても出来ないことってあるんですよ。

本当に冗談抜きでめちゃめちゃ苦しいんです・・・!!いや本当に本当に死にそうな位辛いんですよ!!!

私は帝王切開で産んだんですが、正直言うとつわりの方が80倍位は辛かったです。お腹を切るのもすごく痛かったけど、つわりは比べるまでもなく人生で最強の辛さでした(汗)

妊娠初期はほとんど栄養をとれなくて、点滴で栄養補給していた位ですが・・・、私の子供はありがたいことに今のところ超が付くほどの健康体です。

食べなきゃ食べなきゃと思ってプレッシャーになって具合が悪くなるよりも、もう少し気楽に考えて食べられそうなものから食べてみることが大切だと思います。

ただママが脱水になったりケトン体が出てはいけないので危なくなったらすぐに病院に行った方がいいです。

つわり関連記事の紹介

このブログでは「つわり体験記」の他にも様々な記事を掲載しています。

現在つわりに苦しんでいる妊婦さんや、サポートしたいご家族の方に何か役に立てればいいなと思って書きました。

気になる記事があれば是非読んでみて下さい!!

 

つわり対策グッズ紹介はこちら

www.tsuwari-hanako.com

こちらで食べ物について紹介してます

ppp2500.hatenablog.com

www.tsuwari-hanako.com

 つわり中の旦那のサポートについて

www.tsuwari-hanako.com

最後に

これを食べたら治った!とかこれをやったら治った!という対策ではありませんが、私の体験で書きました。

だってそんなもの見つけられませんでしたもん。つわりってまだまだ解明されてないことが多いので当然ですね。

食べれた食べ物についてはすでに別記事に書いてありますので触れませんでしたが。

妊娠初期のつわりは本当にひどくて絶望してました。

ある時期をすぎれば嘘のように治まったので、今では貴重な経験だったと思います。

つわり体験記を書いています。

ppp2500.hatenablog.com