読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちびドラマーチ

神奈川在住の1児の母です。妊娠期間の半分以上、本気で苦しんだつわりのこと。子育てのこと。大好きなドラマのレビュー書いています。

Kindle Newモデルを予約した!従来品との比較や私が購入した理由など

日常 日常-何でも

スポンサーリンク

KindleのNewモデルを予約しました

f:id:ppp2500:20160626151802j:plain

photo credit: The old and the new via photopin (license)

 

ずっと欲しいと思っていたkindleに新型モデルが出ると知り、早速予約をしました。

今までは、主にハードカバーで買い、後はスマホにkindleアプリを入れて電子書籍を読んでいたのですが、やはり小さく読みにくいのと、ページをめくる時のスライド感に不便を感じていて、kindle端末の購入を考えていたので新型モデルの発売に買うことを決めました。

と言うのも、旦那ともに本を読むのは好きで家にも沢山あるのですが、やはり場所を取る。本棚がパンパンでもう今のでは入りきらないので、本棚を追加で買うか(でも置くスペースが)kindleを導入するかで悩み、どうしても本で欲しいの以外はkindleで買おうかと。持ち運び出来るのも魅力です。

新型kindleのスペック

新型kindleの発売日は2016/7/20です。

従来型kindleからの変更

  • サイズ 169×119×10.2mm⇒160×115×9.1mm
  • 重量 191g⇒161g
  • 内蔵メモリ 256MB⇒512MB
  • カラー ホワイト⇒ホワイト、ブラック

前世代のkindleが191gなのに対し、新型モデルは161gに軽量化。これは最上位モデルであるkindle Oasisに次ぐ二番目の軽さです。さらに薄さは10.2mmから9.1mmとなりさらに薄くなりました。また、カラーもブラックが追加され2色展開になりました。

従来型kindleから変更なし

  • 解像度167ppi
  • 内蔵ストレージ4GB
  • ワイヤレス接続対応

kindle買うならAmazonプライム会員になった方が断然お得

kindle端末は他に3種類発売されていますが、このkindleの最大の魅力はやはり安さでしょう。初めて電子書籍を買うならこの安さはかなりの魅力です。最上位モデルのkindle Oasisだと¥35,980ですからその差は歴然です。しかし、LEDやページめくりボタン、解像度などでは上位モデル達にはおよびませんので自分がどこに重点を置くかによってモデルを選ぶ必要があります。

kindle、kindle Paperwhiteにはプライム会員価格があり、プライム会員ならば通常よりもお安く購入できます。

私が予約したkindleでは通常、¥8,980円のところが、Amazonプライム会員だと¥4,980円と言う超お買い得価格です。電子書籍端末デビューしようかなと思ったのも¥5,000を切るこの価格ならいいかなと思ったのが大きいです。

ただし、これはキャンペーン情報付きモデルの価格です。キャンペーンなしだと2000円高くなります。

※このキャンペーンは現在は終了しているようです。また新しくキャンペーンが始まったら追記致します。

kindleオーナーライブラリー

Amazonプライムにご加入で、Kindle電子書籍リーダーまたはFireタブレットをお持ちのお客様は、ベストセラーやコミックを含む、2万冊以上の和書、60万冊以上の洋書の対象タイトルの中からお好きな本を、一か月に1冊 無料でお読みいただけます。

Amazon.co.jp: Kindleオーナー ライブラリー: Kindleストア

 

なにー?だって好きな本が毎月1冊読めちゃう??それゃお得過ぎるでしょ!

と思っていたのですが、対象のラインナップを見て気が付きました。あんまり読みたいものがない(笑)また、借りた本は返却が必要なのがまたがっかりポイントです。まぁ私は一度読んだら何度も読み返さないので別にいいのですが。

でも読みたい本があまりないんじゃ、このオーナーライブラリーはおまけ位に考えた方がいいかもしれません。

しかし、Amazonプライムは配送特典(お急ぎ便、お届け日時指定便が使い放題)、プライ・ムビデオ(こっちは見たいのがある)なのでkindlek買うなら1年だけでも入って損はないです。というか、入らないと損です。

  • kindle=¥8,980
  • kindle(¥8,980)+Amazonプライム会員(¥3,900)-プライム特典(¥4,980)=¥7,900

ということは一年間プライム会員費が無料になり、さらにkindle端末が¥1080引きで購入できるんです。なので、とりあえずプライム会員に入会してから端末を購入し、1年間プライム会員を試した後継続するかどうか決めるのが良いです。

 Amazonプライム会員無料体験だと割引適応外なので注意

プライム会員価格は本会員限定です。プライム会員無料体験中だとこの割引は適用されませんので注意が必要です。

kindle(New)の予約開始直後にすぐ予約をしようと思ったのですが、私は無料体験中でした。早く予約したくて無料体験から本会員に移行できないか試行錯誤した後、カスタマーサービスに問い合わせまでしましたが30日の無料体験は途中でやめることが出来ないと分かりました。

システム上、そのような事は出来ないと言われてしまった以上30日間の無料体験が終了するのを待つしかありません。(クーポンが利用できるようになるまで3日~4日程度かかる場合があります)

 

ならば新しくアカウントを作って、最初から本会員になればいいのでは?と思いついてカスタマーサービスの方に聞いてみたのですが、

 

「新しくアカウントを作っても、無料体験から始まります」

 

なーーーーーーーにーーーーーッ!!

 

本会員になるなら無料体験の30日間は経過してからでないとなれないそうです。まさかAmazonプライム会員へのハードルがここまで高いとは、盲点でした。ちなみに発売中のkindle Paperwhiteの方もプライム会員価格は同じなので、プライム会員になって割引で買いたい方は注意です。

無料会員でも購入すれば後で郵送でAmazonギフト券4000円が送られて来ると書いてあるサイトを見ましたが、確認したところ、現在はそのキャンペーンは終了しているとの事でした。

現在の所、kindleを安く買うにはプライム会員になるしかありません。

予約なのでまぁ待てばいいのですが、せっかちの私には辛い数日でした・・・。

 

私がkindleを選んだ理由

f:id:ppp2500:20160626152025j:plain

photo credit: Still life of books via photopin (license)

 

何故、数種類ある電子書籍リーダーの中からkindleを選んだのか。

  • 価格が安い

安い!本当に安い!正直この価格ならもっと早く買えば良かった。でも新型モデルが出るタイミングで購入に踏み切れたのも良かったかもしれない。電子書籍ビギナーにはお試し機種としては丁度良いと思ったからです。上位モデルが欲しくなったらまた考えます。

  • 内蔵ライトはいらない、ブルーライトゼロ

kindle電子書籍リーダーで内蔵ライトが付いていないのは、このkindleだけです。暗い所では読まないので別にライトは必要ありません。その分お安いならもってこいです。ブルーライトなしで目に優しいというのをAmazonも売りにしています。

そもそも暗い所で読んだら目が悪くなるじゃん?だから個人的には必要なし。

  • 解像度は低くてもいい

あんまり解像度とかは気にしないので167ppiで別に構いません。上位モデルは300ppiあるので横に並べて比べたらそりゃ分かるかもしれませんが支障なさそうなので良しとします。Amazonのカスタマーレビューに写真が載っていますので確認して見るのがいいと思います。

  • 3Gは必要ない

Wi-Fiがあるので3Gの機能は必要ありませんでした。今はスマホもWi-Fiで繋いでいるので特に不便は感じませんし、3Gってそんなに必要かな?他の機種ではWi-Fiのみで3Gを付けるかどうかを選択出来ます。(付けないと安い)kindleは3Gの有無は選ぶことが出来ません。

 こだわりがないならkindleが最適

私のように特にこだわりがなく、安く電子書籍リーダーが欲しいと言う方にはkindleは最適な選択だと言えるでしょう。

ライトもいらないし、3Gもいらないし、解像度にもそこまでこだわらないのでしたらkindleで十分です。逆に高機能を求める方はもう少しお金を出して上位モデルを購入するのが良いと思います。Amazonの口コミをよく見てみるのもいいかもしれません。

しかし、無料期間を30日経ないとAmazonプライム会員になれないというのはいかがなものなのか・・・。本会員に切り替えるなら30日待たずに切り替えてもいいのにね。だったらプライム会員価格を無料会員にも適応してくれよと思いますがそうはいかないですよね。 

 

 

 

 こちらもどうぞ

www.tsuwari-hanako.com

www.tsuwari-hanako.com