読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちびドラマーチ

神奈川在住の1児の母です。妊娠期間の半分以上、本気で苦しんだつわりのこと。子育てのこと。大好きなドラマのレビュー書いています。

【おすすめ漫画】アラサー女が懐かしの少女漫画50選を全力で思い出して紹介する

日常 日常-マンガ

スポンサーリンク

アラサー女が懐かしの少女漫画45選を全力で思い出して紹介する

天使なんかじゃない 3 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

 

漫画大好きなアラサーです。

3姉妹なので姉と妹と一緒に集めたり、友達と貸し借りしていたら気が付いたら子供時代は漫画漬けでした。特に少女漫画雑誌のなかよし、りぼん、ちゃおは小学生時代の私を作った一部といってもいいほど読み込んでいました。

姉妹の影響で私の年齢+-5歳位が守備範囲となったおります。

以前にこんなエントリーを書いたのですが、

www.tsuwari-hanako.com

おまけで紹介した懐かしの漫画が中途半端だったので、このさい一気に書いてみようと思い書きました。

私が小学校~中学位に読んでいたもの=懐かしいっていう個人的な定義で選んであります。必死に思い出しましたが忘れているところは読み返したり妹に聞いたりして書いたので間違いもあるかも。

あらすじや自分の感想を書いていたらクッッソ長くなってしまったので、目次から選んで読むほうがいいかもしれません。さらっとネタバレもしているのがあるので見たくない方は感想は読まない方がいいです。

思い出のなかよし連載作品

妹がなかよしっ子だった為、毎月読んでいました。3誌の中ではファンタジー要素が強く戦うヒロインや冒険ものが多かった印象です。その為かアニメ化されてヒットしたのも結構ありましたね。

私のいちおしははタカマガハラとプライベートアイズです。有名どころもいいけれど、隠れた名作も読んでみると面白いと思います。

ミラクル☆ガールズ

超能力使いの双子の女の子が主人公。顔はそっくりだけど、みかげは頭が良くて優秀でともみは運動神経抜群の対照的な女の子っていう設定にもの凄くあこがれた。もの凄く双子になりたかった。あの時の双子に対する異常なまでの憧れっていったい何だったのだろうか?

2人が片思いの相手とそれぞれカップルになるところとかすごく可愛い。男の子二人が必死に守ってくれる所とかきゅんきゅんです。

美少女戦士セーラームーン

アニメから入ったけどなかよしで原作の方も読みました。

一番はやっぱり何と言ってもレイちゃんのキャラの違いに戸惑いしかなかった。アニメだと勝気でうさぎと喧嘩ばかりしてるけど、漫画はお嬢様キャラなんだもんなぁ。

あとは敵キャラ四天王とセーラー四戦士が恋人だった説も知った時は驚きました。だってクンツァイトとゾイサイト(ゾイッ!!)はアニメじゃめちゃめちゃゲイですし(汗)

そして、ギャラクシアが西川史子だと気づいてしまってからは何度読み直しても、ギャラクシア=西川先生の声で再生されて辛いよ。ギャラクシア様・・・に、西川先生。

あずきちゃん

NHKのアニメの方が有名化もしれませんが、漫画だとあずきちゃんと勇之介くんの大人になった姿が見られます。まさか20歳で結婚し双子の男女の母になるとは誰も予想しなかっただろう。

ヨーコちゃんが中学からあずきちゃんの友達になって2人が仲良くするところが大好き。そして中学編では、竜一の気持ち悪さとあの気持ち悪いちゅうは当時の私には悪夢のようでした。

くるみと7人のこびとたち

なかよしお得意のメルヘンチックなファンタジー漫画です。今でもなかよしはこういう傾向が強いのだろうか?

主人公のくるみが白雪姫のいる世界に入り込み、7人の小人達と共にメルヘンランドを旅し世界を救おうというものです。しかしもとはといえば、くるみの親戚のお兄ちゃんが白雪姫と恋に落ちてしまったのがそもそもの原因です。ラストはなかなか切ない感じでした。

魔法騎士レイアース

東京タワーから異世界「セフィーロ」に飛ばされ、魔法騎士としてセフィーロを救う旅をするとか当時は珍しい設定でどハマりしました。何度自分もセフィーロに飛ばされる妄想をしたことか(危ない)

初期の制服の上から防具?を付けて戦う姿がマジでかっこよくて好きだった。たまらんよね、あれ!!!

海派VS風派に分かれていましたね。風ちゃん好きな子はセーラームーンの亜美ちゃんが好きな確率70%(当社比)さすがCLAMPでカラーとかめちゃめちゃ美しかったです。全プレのプールバッグとペンケース応募しました。

怪盗セイントテール

子供の頃からアスカJrってネーミングセンスのダサさに気付いていました。芽美って名前はすごく可愛いのに、どうしてあそこだけああなったんだろうか?誰か教えて、

アニメのOPが歌も演出も本当に最高にいい、特に芽美とシスターが向かい合って祈るところとか!でもどうして松雪泰子はアニメ主題歌を歌っていたのだろう。

デリシャス!

りんごはアイドルの真人に憧れて、真人が出演する料理番組「デリシャス・タイム」のアシスタントになった。しかし破滅的に料理が下手でそれをバレズにうまくやる為、料理上手で幼馴染の一臣に助けてもらうことになる。

一臣はりんごが好きなので何でも助けてくれたりするんだけど、天然なのかりんごは結構一臣を振り回すのが当時、残酷だと思っていた。

子供でも作れる簡単なメニューが多かったので、姉妹で何回かマネして作りました。特に美味しかったのはりんごが一臣に作った生クリームを乗せた「バナナケーキ」です。簡単だけど出来た時感動したな。

 

 

カードキャプターさくら

何の疑問も持たずに見ていた少女時代、今考えれば大きいお友達が増える要素満載だった!!ありとあらゆる属性を完備しているものね。一番おかしいのは先生だよ!!

さくらの衣装が毎回可愛くて、コミックについてくるクロウカードのしおりを大切に集めていたっけ。

戦うシーンとか凄く綺麗だし絵も可愛いんだけど、私はどうしてもさくらのキャラに馴染めず、子供ながら一人称が「さくら」なのも「怪獣じゃないもん!」とすねる所もあざといな・・・と感じていた。

あわせて1本!

柔道少女の明日香は柔道部主将の九条先輩に片思いしていて、告白しようと書いたラブレターを転校してきた諒也に拾われてしまい、返してもらう為に柔道で勝負することになる。

なぜかこの漫画は恋の勝負を柔道でつけようとするふしがあり、幾度となく柔道でケリをつける展開となる謎設定。そして「負けたら俺と付き合え」は今読み直すと本当どうかと思うぞ。

柔道漫画として思い浮かぶのはYAWARAの方ですが、柔道の描写等はやはり敵いません(笑)

 

夢幻伝説タカマガハラ

立川恵作品で有名なのはセイント・テールですが、面白いのは断然こっちだと思います。日本神話が絡むストーリーで、ジャンルとしてはレイアースやふしぎ遊戯のような異世界での冒険ストーリーです。

主人公の結姫はある日、空から降ってきた勾玉を拾い眠りの中では異世界である「高天原」に行けるようになる。そして現実のクラスメイト達によく似た高天原での仲間達と世界を救うための旅に出るというもの。

少女漫画と侮ることなかれ!この漫画は男性でも十分楽しめるようなRPG要素が入っているのでおすすめです。ラストの隆臣の展開は少し切ないけど感動しました。

 

夢のクレヨン王国

アニメで見てから漫画も読んだけど設定の違いに少々困惑しました。可愛い見た目だけど12の悪い癖を持っていて、お供のアラエッサ、ストンストンと野菜の精たちと一緒に旅をしながら向き合っていく。野菜の精ではキャーべッタが好き。

アニメで多用していた「脳みそくすぐっちゃうよ」って良く考えたら怖くねーーー?

アニメ「夢のクレヨン王国」DVDメモリアルパック

アニメ「夢のクレヨン王国」DVDメモリアルパック

 

 

だぁ!だぁ!だぁ!

未夢は親が仕事で海外に行くことになった為、知り合いの家である西園寺に預けられることになる。しかし西園寺の住職もインドへ行ってしまったのでその息子である彷徨と同居することに。そしてUFOに乗って現れた宇宙人の赤ちゃんルゥくんとワンニャ―の4人暮らしになります。ママは小学4年生みたいなお話です。

次第にちゃんと家族になっていく4人が微笑ましいし、彷徨とのやきもきした関係が少女受けして流行りました。最後の彷徨の告白は良かったよ。続編ではルゥくんが超イケメンになってるので見てみてください。

おジャ魔女どれみ

どうしてもアニメの印象の方が強いけど、なかよしで連載してたの読んでました。だいぶというかかなり改変されていて困惑した。アニメ絵で見慣れているせいか漫画のちょいへた絵(?)があんまり受け付けられずにそこまで楽しめなかった思い出が。

のぺーっとしていてうっすい感じの絵なんだよね。

おジャ魔女どれみ Blu-ray BOX

おジャ魔女どれみ Blu-ray BOX

 

 

うるきゅー

恋愛に積極的だけど何故かモテない、あみとのあは幼馴染にしてライバル。あみは色白でのあは色黒設定なのでどうしてもあみの方が可愛く見えてしまって、のあがガングロギャル(死語)にしか見えなかった。あのオセロ設定って必要だったのかな?

ある日出会った多聞とトモヒロにそれぞれが片思いし、慣れない恋に奮闘するストーリーです。多聞がカッコよかった!そして、みやむがマジでちょっと気持ち悪かった・・・、みやむの弟も酷いけど。

東京ミュウミュウ

私は世代から少し外れているのですが、妹が好きだった(歌も全部歌えるらしい)ので読んでいました。イリオモテヤマネコの遺伝子を入れられたりんごがミュウミュウに変身し、仲間を集めてエイリアンと戦うというものです。戦士ものだけでなく環境問題なども盛り込んだ作品です。

猫耳、メイド服、そして「地球のためにご奉仕するにゃん」←

というなかなか攻めた設定だった為大きいお友達も沢山誕生したようです。一匹狼のざくろが一番可愛かったなぁ。妹はキッシュが好きだったみたいですが、私はあの腹がどうも好きになれず(くびれすぎじゃね?)妹曰く、最後のいちごを守る為に裏切るところがクソカッコいいらしいです。

 

プライベートアイズ

寮生活をしている主人公の里花とルームメイトになった生徒、時緒は実は学園のスパイだった!という少女漫画にしてはおもしろい設定です。しかも女子の格好をしているけど、実は男子です。幼馴染の2人とともにスパイとして潜入しています。

時緒が助けたい若君は序盤は写真のみの登場で、まだかまだかと出てくるのを待ち望みましたが、出たら出たでちょっとがっかり感が否めませんでした。 

現在は絶版になっているので古本屋とかで探すしかないのかな?それはちょっと残念ですね。

思い出のりぼん連載作品

我らが大正義りぼんです。250万乙女のバイブルですよ。クラスの中でもりぼんっ子が大多数でしたね、そんな私もりぼんっ子です。天ない、こどちゃ、チャチャなどヒット作が満載でした。今やちゃおに大差をつけられて負けてるとか信じられません。

姫ちゃんのりぼん

水沢めぐみの作品で一番好きなのが「姫ちゃんのりぼん」です。

とにかく姫ちゃんの性格が良くて可愛くてそれだけでも本当に大好きなのに、さらに大地との関係がもう小学生の私のキュンキュンパラダイスですよ!!(きも

途中で大林さんがすげーウザく感じるけど、それをカバーしてもなおあり余るこの健全な面白さ。大人になった今でも実家に帰ると読み返して懐かしさに浸ります。

天使なんかじゃない

生徒会を舞台にした青春恋愛漫画ですが、一体どれだけこの漫画で泣いただろうか。たぶん私が初めて漫画で泣いたのはこれです。

マミリンの「私は冴島翠みたいにになりたい」ってところも、赤いヘルメットをカシャってするところも、マーブルチョコが落ちるところも(読んでしばらく装備してたが使い道なし)翠が空港で晃に「待たないって言ってるのに」とかタキガワマンの「コントロールがきかない・・・好きだ」とかとかとか!!!

これは天ないでブログ一つ書けてしまうわ(というか書く)当時はよく理解出来なかったマキちゃんの心境とかも理解出来てさらに切なくなる・・・、はぁいいわ。

ママレード・ボーイ

ママレに関しては書きたいことはすでにブログに書いてあります。

www.tsuwari-hanako.com

とにかくこの家族の家系図を見て下さい。自分で書いてても軽くひきました。

これwwwwママレの歌やっぱり中毒性あるよね。あの謎のリズムとぶりっ子声がねw


ケンドーコバヤシと宮川大輔

赤ずきんチャチャ

ギャグ漫画としてかなり秀逸な作品であることは間違いないと思う。最近は読んでないけど当時はめちゃくちゃ笑いました。私が好きなキャラクターは、どろしーちゃんとセラヴィー、ポピィくんだった。どろしーちゃんは本当に人気あるよね。

アニメ版のマジカルプリンセスは漫画派には不評だったかも。アニメを楽しめるかはリーヤ役の香取信吾の声を許容できるかどうかだと思う。

ケロケロチャイム

主人公のミモリはカエル族の姫です。魔法で水をかぶるとカエル変身するように変えられてしまったアオイ(人間)元の姿に戻すために、ミモリとアオイは魔法を解く方法を探す旅をするというお話です。

ケロちゃのカラーが凄く綺麗で楽しみにしてたのすごく覚えてる。途中で衝撃の展開もあるけど、主人公のミモリの元気で明るいところが大好きでした。アニメ化もされています。

 

こどものおもちゃ

もはや紹介するまでもない小花美穂の傑作です。これ少女向けと言うよりも、大人が読んでも十分楽しめる所が本当に凄いです。

主人公紗南の生い立ちは壮絶で(捨て子で実沙子に拾われた)、実の母と会うところはマジ泣きしました。自分を捨てた親に対して産んでくれてありがとうなんて・・・。直純、風花との4角関係(?)にはめちゃくちゃハラハラドキドキしたし、悩んでる紗南にはすごく共感した(恋愛したことないくせに)そして何と言っても秋人のカッコよさよ!!!!何であんなにカッコいいの?

続編は賛否両論あるようなのですが、私は好きです。

ご近所物語

ヤザガク服飾デザイン科に通う主人公、実果子やその友人達を描いた作品。アニメでもママレと同枠で放送していたが、当時は実果子の手を上げながら「ワープ」って言うやつが苦手でちゃんと見てなかった。

その後友達から借りた漫画でちゃんと読んだけど、そしたらなにコレおもしろい!!実果子がなかなか辛い人生を歩んできていたり、それをツトムが支えてくれたり、バディ子と勇介を見守る歩が切なくて泣いた。この2人の結末は本当に良かったよ。

ベィビィ★LOVE

主人公のせあらは小学6年生、柊ちゃんは中学3年生スタートだから年齢は3歳差なんだけどこの当時の3歳ってすごく大きく感じました。せあらがかなり大人っぽいからあんまり違和感はなかったんだけど・・・。

柊平はかっこいいからモテるし誘惑は多いのだけど、どうしてあの時せあらを振り切って綾乃のもとへ行ってしまったのか。綾乃編の修羅場(?)を経てせあらの事が好きになったしそして綾乃が心底嫌いになった。

小春と二階堂の組み合わせもほのぼのしてて好きだったなぁ。

君しかいらない

16歳の転校生朱音に一目ぼれした集だが、なんと彼女は16歳にして既にバツイチだったという衝撃の設定のこの漫画。女性の結婚年齢も18歳に引き上げられそうだから、もうすぐあり得ない設定になってしまうのか(今でもなかなかないが)

小学生向けの漫画だと思うけど、製薬会社のスキャンダルに巻き込まれたり彼女が分かれた夫(医者)とまた再婚させられそうになったりと吉住先生らしいぶっとんだ作品だった。

ミントな僕ら

双子の姉弟の恋愛ものを描いたコメディ要素の強い作品。主人公は弟ののえるで男が主人公の少女漫画は珍しいですよね。

シスコンを拗らせているのえるは、姉のまりあが好きな人を追いかけて転校したことを知り、その恋を阻止しようと女装して学園に転入するという話。男が女装したり女が男装したりする話って例外なく面白いです。

男に好かれて迫られたり、女装がバレそうになったり吉住作品の中では笑えるシーンが多いと思う。

グッドモーニング・コール

主人公の菜緒が、学校いちのイケメン男子上原君と2人で同じマンションに住むことになるというありえないけど、少女漫画ではありがちな設定です。ママレの光希といいどうして普通の女の子がこんなにモテるのか。

特に何か事件が起きるわけでもなく、ただひたすら淡々と日常が進んでいく漫画ですが何回も読み返したくなるような不思議なオーラをまとっているような気がします。絵が綺麗だからかなぁ?

神風怪盗ジャンヌ

当時大ヒットしていたこの漫画、好きな子は本当に好きでめちゃくちゃハマっていた。まろんは神の娘としてフィンと共に名画に潜む悪魔を回収しチェックメイトしていく、警察にも追われるが(何故)使命をこなしていった。怪盗シンドバッドの稚空と恋人になり、なんやかんやして魔王と最終決戦に臨むという話です。

ジャンヌの特徴は今までにない絵のタッチやキャラの可愛さ、それから何と言っても小学生には早すぎるえ〇要素が盛り込まれたことだろう。稚空とまろんは中盤以降ちゅちゅしまくりで抱きしめまくりで、仕舞には最後まで普通にいたすということにビビりました。

GALS!

コギャル全盛期の漫画です、主人公は渋谷のカリスマギャル寿蘭。

ハイビスカス!ルーズ!ミニスカ!厚底!って感じですげーごちゃごちゃとした絵が特徴ですが面白かったので単行本集めました。ほぼ全員がカップルになって恋愛要素も結構強かったと思います。上のジャンヌとは違って、ギャルなのに少女向け雑誌のせいかもの凄い健全です。蘭なんかギャルなのに清純を貫いてますからね、いいことです。

Wピンチ!!

この漫画の主人公ありさは二重人格です。よくある男の前で猫をかぶるとかそんな生やさしいものではなくて、ガチのやつです。ジキルとハイドみたいな感じですね。

いじめられっこで大人しいありさと、いじめっこで他の生徒を下僕扱いしていたアリサの二つの人格を持っています。ある事故を境にピンチになると強いアリサが出てきて戦うという内容です。

亜月亮の漫画は無重力少年も好きでした。

世紀末のエンジェル

鈴花は尚人の事が好き。しかし、その尚人が交通事故にあってしまった。幽体離脱してしまい元に戻れるようになるまでの間、鈴花の家に居候することになる。

そうか、この時は世紀末だったんだねとタイトルを見て今思いました。倉橋先生の作品ではこれが一番好きかも。先が読めなくて毎月楽しみにみていました。最後の方が登場人物がわーっと沢山出てきて少し混乱します(汗)

壺から出てくる草ちゃんが可愛かった。この作品も見てみたら絶版のようです。

愛してるぜベイベ★★

5歳幼稚園児のゆずゆをひたすら愛でる漫画です(違う)

ゆずゆは、父親の死のショックから母親が蒸発したために片倉家で暮らすことになります。お世話係となった桔平がゆずゆを育てながら一緒に成長していくストーリーです。

ゆずゆの母、都のDQNぶりにはビビりますね。5歳の娘残して蒸発するな、手紙で済ますな、男作るな。のほほんとした漫画ではなく、いじめや虐待など結構ハードな内容で、大人の方が楽しめるかもと言うか小学生には早い!

念の為言っておきますが、ゆずゆ(5歳)と桔平(17歳)がくっつく話ではありません。

 

ペンギン☆ブラザーズ

私服高なのに制服が2種類あり、生徒はそのどちらかを着用しているという変な学校に転校してきた陽菜。優等生タイプの白か不良タイプの黒を選びその派閥に属すのが暗黙のルールだが、私服登校である灰色(グレイ)を選び学園抗争に巻き込まれていくというストーリー。

斬新で面白かったけど、斬新すぎたのか打ち切りみたいな感じでちょっともやもやして終了するのが残念。西崎と豊の恋の行方が気になって仕方がない。いじめとかに負けずグレイの仲間を集めていく感じ好きだったなぁ。一色がだんだん陽菜に心を開いていく感じがすごく良かった。

思い出のちゃお連載作品

私はちゃおは友達から借りて読んでいたので、3誌の中では一番詳しくないです。なので紹介出来る本も少な目です。ちゃおの中で好きだったのは「エンジェルリップ」ですね!ちゃおは子供っぽいイメージがありましたが、これだけは別でちょっと違いました。

今や少女漫画雑誌1位に君臨していますが、昔はりぼんなかよしに全然及ばなかったんですよね。以下のラインナップ見て貰えれば層の薄さが分かります。ちなみに有名なウテナはあのベルバラ風絵がどうしてもだめで読んだことありあません(汗)

アリスにおまかせ!

何で少女漫画でトラウマうえつけられなきゃならないんだーーー!!!これは小学生が読む漫画ではないです。怖がりな人は読んじゃだめです!!

主人公のアリスはラグビー部の克巳の事が気になる存在で、克巳の幼馴染であるさやかに嫉妬され嫌がらせを受ける。さやかはある日アンティークドールのキャサリンを手に入れるが、それは克巳の曾祖父をの元恋人であるドイツ人の魂が宿る恐ろしい人形だった。

アリスを襲うキャサリンが怖すぎて、ああいう系の人形はダメになってしまいました。

 

こっちむいて!みい子

いまだに連載中と言うのが凄すぎる。当時はこんなに続くと思ってなかったよ。25年以上も進級せず小学校5年生だったが、今年やっと6年生に進級したらしい(誰得)

思い出に残ってるエピソードは、バレンタインにユッコがチョコをを作る話とか、みいこが文通相手に見栄を張ってまりちゃん家を貸してもらう話とか結構覚えてます。後は戦争の話が怖かった思い出。長身のユッコとケンタのカップルが好きだった。

最近のはユッコの髪型が変わっててびっくりした!

 

エンジェルリップ

藤谷みきなは子役モデルとして活躍していたが、カメラ恐怖症になりモデルを引退していた。ある日つけると自信が出てくる羽の付いた不思議なリップと出会いモデルに復帰していく。

メンズモデルのヒロとの恋や、ライバルモデルであるリサコとの関係などが丁寧に描かれており、大人っぽいみきなに凄く憧れました。終盤のヒロの父親(フィリップだっけ?)が普通にイケメンでさすが父親だとびっくりした。

はじけてB.B.

沖縄アクターズスクールを舞台にした漫画でメインの3人の女の子のうち一人は山田優です。ちゃおのカラーページに写真も出ていた記憶がありますが、まさかこんなに有名になるとは思っていませんでした。

主人公の愛理は可愛い系、優美はかっこいい系、優は天真爛漫のおもしろ系(?)だったような記憶があります。おしゃべりするシーサーも可愛かった。

続編の「とってもB.B.」には安座間美優も出ています。これは最後まで読めてないけど、こっちの主人公は田舎者設定なのですごいなまってた・・・。

 

ライバルはキュートBoy

昔読んでた漫画で多かった登場人物が女装男装する話、だいたい仕方なくしている場合が多いんだけどこれは違いました。紛れもなく自分から女装します!

主人公の野花の弟である空也(もちろん男)は女装が趣味。しかも可愛いからまわりの誰もが女の子だと騙されてしまうというとんでもない設定。野花は弟の方がまわりから可愛い可愛いと言われて育ってきたので、女としての自信がないという何とも可哀想なお姉ちゃん。

でも空也は野花のことが大好きなので色々と手助けしようとしてくれます。コメディちっくだけど面白かったです。たぶんこの漫画、地味に人気あったと思います。

 

マーガレット、花とゆめ、別フレ等

私はの漫画変遷はるんるん(セーラーVしか見てない)⇒なかよし⇒りぼん⇒コミック派となっていったのですが、中学卒業するくらいには完全に漫画雑誌の方は卒業してました。あとは友達から借りたり、姉妹が買ってきたのを読んでいた感じです。

懐かしい漫画を紹介したかったので、最近に感じるものは外しました。

 

彼まで♡(ラブ)キロメートル

主人公の美優(地味ブス設定)がイケメン成績優秀の友也と恋をし、無理だと言われている有名女子高への受験に挑むストーリーです。美優はブスブス言われていますが、私からみたら全然ブスじゃありません。本当にブスなら友也と付き合えねーよとツッコみたくなりますね。

予備校でずっと優秀だった友也は美優と付き合い始めてから、恋愛の方に気が散ってしまい成績が下がるところとかリアルですよね。

 

そんなんじゃねぇよ

姉の部屋で見つけたこの漫画、友達と読んで衝撃をおぼえました←

主人公の静の兄は双子で超美形の烈と哲、その双子兄弟がシスコンをかなりこじらせており、他の男が静に近づくことを許さない。家族愛がテーマとなっているらしいが、これはそんなもんじゃない不思議な気持ち悪さが漂う漫画です。とにかく親達が異常すぎる!ネタ漫画として見るにはいいかも、姉はハマっていたからたぶん人を選ぶ。

際どい描写があるからなのかもしれないけど、イケメン双子に愛されるハーレム設定なのに何故か全然羨ましくない!笑

CRAZY FOR YOU

「きみに届け」で有名になった椎名軽穂さんの作品で、彼氏いない歴17年の幸が初めて恋をするお話です。きみに届けのような爽やかさは一切なく、どちらかというとドロドロとした感じです。

一言で言うなら、朱美がウザい!!!に尽きます。朱美は幸の親友なのですが、まぁフラフラフラフラして周りの人間を傷つけまくります。高校生でこんなドロドロを経験したらどんな大人になるんだろうと心配になる漫画です。

でも、赤星くんはめちゃめちゃ!!(風早より)かっこいいので見て損はないです。

 

花より男子

アニメ化、ドラマ化もされた有名作品。姉がマーガレットを買っていたので読んでいました。漫画を読んでいた頃はまさかこんなにドラマがヒットするとは思いませんでしたが(アニメがイマイチだったような)ドラマ化って凄いですね。

私はやっぱりドラマよりも原作の漫画の方が断然好きです。美作さんのストレートいいよね。アニメの方はつくしと道明寺の声がどうしてもダメだった。あとOPの謎のダンスが怖い、あんなに踊らなくてもいいのにってずっと思ってた。

 

赤ちゃんと僕

私はアニメで見てハマったので漫画も読みました。お母さんを事故で亡くした(これがまた悲しくて)小5の拓也は2歳の弟である実の面倒を見なくてはいけなくなります。子持ちになって改めて考えると、拓也の負担ハンパねぇ・・・!

お父さんも仕事あるとはいえ、これはちょっと普通だったらあり得ないですよね。ゴンちゃん一家をはじめまわりの人が本当に優しいのが救いです。

アニメの実の「にぃーちゃ!」が本当に可愛かった。主題歌も好き。

 

快感フレーズ

小5の時に友達が「お姉ちゃんの部屋に面白い漫画があったから見に来て」と言うのでこっそり見させてもらったのがこの漫画との出会いです。

高校生の愛音が人気ビジュアル系バンド「ルシファー」の作詞をすることになり、ボーカルの咲也と恋をするという話なんですが・・・、

まず初っ端からおかしい。人気バンドの咲也、17歳のくせにフェラーリ乗り回してます!(おい免許は)主人公の愛音を轢きそうになります!道路で公然と「大丈夫か?」と初対面でスカートに手をピーピーピー(自粛)!愛音、何故か咲也に一目ぼれ!!!←????

その後、咲也は愛音の口を押えて車に押し込んだり(誘拐)、いきなり服を脱いで愛音にピーピーピーしたり(自粛)え〇〇歌詞を書けと脅したり、もうやりたい放題です。変態です!この人!

これは電車の中では絶対に読んではいけない漫画です。気を付けて下さい。腹がよじれます。

 

ももち麗子 問題提起シリーズ

これだけ作品名じゃないんですが、ももち麗子の「問題提起シリーズ」です。

中学の時にめちゃくちゃ流行ったんですが、みなさんどうでしたか?ドラマ化もされたので知ってる人もおおいかもしれません。いじめ、万引き、ストーカーなど(それ以外はハードな内容)「読んでる私、大人」感を出せる中高生御用達漫画でした。

これ読んで本当怖くなったから、抑止効果は一応あるのかも。悪影響とどっちが勝つのかはよく分からないけどね。

 

ふしぎ遊戯

美朱の事が好きじゃなかった方ーーー?

はい、私です。でもふしぎ遊戯は好きです。でも子供の頃から美朱の事が好きになれず唯ちゃん派でした。あんなの私が唯ちゃんでもブチギレですわ。男の事しか考えてねーだろって思いました。

姉が持っていて借りて読んだのですが、子供ながらえ〇シーンがあることにびっくりしました(汗)柳宿も好きだったので、死んでしまうシーンでは悲しくて泣いてしまった。

この曲ふとした時に頭に浮かんできて離れないから困るw

いとおしい人のために (Vocal)

いとおしい人のために (Vocal)

  • 佐藤 朱美
  • アニメ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

彼氏彼女の事情

これはめちゃくちゃ流行りましたねーーー!!友達から借りて読んだのが最初で、あまりに好きだったんで買いましたよ。

雪野のガリ勉に何故か憧れた私は中学時代めちゃめちゃガリ勉して、「成績を上げ必死に頑張り余裕な表情をする雪野風の私」に酔いまくってました(有馬は現われませんでした)

始めのボロが出た雪野とちょっと黒い有馬は楽しかったのに、有馬完全ダークサイドになってから「あ・・・あれ?」てな感じでこの2人に共感出来なくなっていきました。それよりも翼とか椿とかの話が好きだったです。

 

Wジュリエット

クラスに一人は「花とゆめ」系に精通している子っていませんでした?この漫画はその子に教えてもらいました(いなかったらごめんなさい)

最初に絵を見て、「あーーー、これ系苦手かも」と言った私にゴリ押ししてきたので試しに読んでみたらキュンもキュンのキュンキュンですよ!!!見た目は男女逆転してますが、心は超乙女と超イケメンなんです。絵で敬遠してた人は騙されたと思って読んでみてください。

 

ビーナスは片想い

大学生が主人公の漫画が珍しかったので、サークルの話とか一人暮らしとか凄く憧れました。紗菜と魚住くんのほのぼの恋愛をただただ見守るだけの漫画ですが、私は好きでしたよ。

なかじ有紀さんの漫画はだいたい、特に事件もなく強力なライバルも現れず、ただのほほーんと進んでいくので好き嫌いは分かれると思うけど私は好きです。続きすぎ、早く終われとか言ってたあなた!酷いじゃないですか(涙)

 

ピーチガール

最近まで忘れてたんですが、実写のニュースを見て思い出しました。

ガン黒に焼きまくっているように見えるが実は地黒なももと色白で小悪魔なさえが男を巡ってバトルする話です。黒いんですよ、ももは!!ギャルみたいなんですよ!!

それが実写化が山本美月だとーーーーー!!??全然イメージ違うだろ!むしろさえの方だわ!!!また俳優ありきの実写化が作られると思うと悲しくなりますね。山本美月が肌を黒くしてもももとは違うと思う。

だってこれですよ?(真ん中のガングロの子)

 

まとめと私的ランキング

本当に長々と読んでいただきありがとうございます。お疲れ様でした。完全に自己満の域に達していますが、ずっと書いてみたかったので書けて良かったです。

50だけでも結構時間かかったのですが、100とか書く人マジですごいと思いました。私にはもう無理ですね。

今の漫画もいいですけど、10年20年位前の漫画も面白いの沢山あるんですよね。これを見て思い出してくれた漫画があったら嬉しいです。

沢山書いてきましたが、この中であえてランキングを付けるとするならこうなります。

  1. 天使なんかじゃない
  2. 姫ちゃんのリボン
  3. こどものおもちゃ
  4. Wジュリエット
  5. ベイビィLOVE

すみません、りぼんっ子だったんでこうなってしまいました。タカマガハラも好きなので迷いましたが。Wジュリエットの違和感ハンパねェ・・・!!!

皆さんは何が一番好きですか?

 

 こちらもどうぞ

www.tsuwari-hanako.com

www.tsuwari-hanako.com