読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちびドラマーチ

神奈川在住の1児の母です。妊娠期間の半分以上、本気で苦しんだつわりのこと。子育てのこと。大好きなドラマのレビュー書いています。

私結婚できないんじゃなくて、しないんです2話ネタバレ感想「3つのション」で男ウケアップ!

ドラマ ドラマ-2016年春ドラマ

スポンサーリンク

私結婚できないんじゃなくて、しないんです 2話ネタバレ感想

  • 視聴率 10.3%

容姿端麗、女医、年収1500万の橘みやびは独身39歳。プライドが高く高嶺の花だった彼女ですが、そうすることで必死に自分を守ってきた本当はか弱い女性でした。高校時代片思いしていた桜井と再会し、デートの約束ひとつ取り付けるのにも必死!デートでは彼に合わせてもてなすのに必死!!

実は高校時代両想いだったみやびと桜井。しかし、桜井はデートでの必死なみやびの姿を見て引いてしまいます。高嶺の花のみやびを想像していたのに、使うテクが古臭い上に結構媚びてましたからね。

みやびは捨て身で告白するがフラれてしまい、十倉の恋愛指南を受けることになりました。

仮の彼氏=仮氏ってようはキープってこと?

心の余裕を作る為に、仮の彼氏=仮氏をつくることを提案する十倉。まぁ、余裕っていうのは分からんでもないが39歳のみやびは、余裕作ってる余裕すらなさそうなんだけど。(汗)

しかしそうは言っても彼氏もなく、好きな人も、気になる人もいない状態=余裕のない状態というのはかなり共感出来ます。キープっていっちゃうと言葉が悪いけど、何だかんだ恋愛って大事だと思うんです。みやびは5年も彼氏がいないそうです。前回から時折入ってくる高校時代の桜井との青春ムービーが切ない。過去の栄光っぽくて悲しい。BGMまで90年代を再現してます。(今回はスピッツの空も飛べるはず)

仮氏を踏み台に本命の彼氏にジャンプ!と十倉の言うようにすぐに連れてこれると息巻くみやびですが、なかなかうまくいきません。

趣味活で婚活もうまくいかず

梨花に誘われて行った趣味活のボルダリングでも、男をそっちのけで頂上を華麗に目指すみやび。あー、だめですわコレ。

梨花の「他はわたしが引き付けます!先生は行ってください!!」ってセリフ、婚活で出てくるセリフとは思えん。どこぞのダンジョン攻略してんだよ。仮氏どころか紹介状書いてくれって頼まれてるよ。

39歳にしてやっとモテなくなってることに気付いたみやび。気づくの遅すぎるけど、気づいてくれて良かったわ。合コンも紹介も少なくなってるってそりゃそうだろ。歳とるにつれてそりゃあチャンスも減るわな。

なかなかうまくいかないみやびに、十倉はターゲットによって戦略を変える必要があるという。ほほー。

3つのションでいざ婚活パーティーへ!

十倉は男にモテる為に必要な3つのションがあるという。その3つのションとは

  • コミュニケーション 明るく、愛嬌たっぷり、ほどよく本音
  • リアクション 本物の感動
  • ファッション 清らか、可憐、可愛らしく

指示されたファッションは、一言でいうとCanCam系の服装だよね。これは特に驚きも何もない。昔から言われてる超ド定番ですもん。でも39歳の女性が着るにはどうなの?若くない?アンサンブルにテロテロスカートにパステルカラーは若くない?と思ってしまうわたし。いや、中谷姉さんはとってもお似合いでしたけど。

 

十倉に教えてもらった3つのションを装備して、いざ婚活パーティーへ!努力の甲斐あって年齢のハンデをものともせずにモテモテ大成功のみやび。やっぱり十倉は恋愛マスターなのか。

せっかく良い感じだったのに、いけすかない医者に言い返してしまい全部台無しに・・・。まぁこうなると思った。でもみやびが言い返してすっきりしました。だって今まで頑張って来たんだもんね。医者として開業するの大変だったと思いますよ。

前進してるようなしてないような

十倉の機転で桜井とお店で会うことになったみやび。

おぉー!やるじゃん。前回の緊張しまくってた時よりかは自然に話せてます。医者だっていうとタダで見てくれって人多いんだろうな~。髪切ってくれとか絵描いてくれとかそういうのと同じ感じで。

桜井が上手い事言って守ってくれたもんだから、そりゃあみやびは嬉しいよ。高校時代も頑張ってるところをしっかり見てくれてたわけだからね。こんなモテファッションで固めるよりも、自分らしくいたほうがよっぽど素敵だと思うけどなぁ。

 

やはり桜井は結婚していました。でも何か訳あり?家族は写真とビデオだけで一緒にいる形跡はないんだよね。子供部屋にもいないし、奥さんもいないしね。

そろそろデリバリーボーイの橋本と何かありそうな予感です。まさかの診断書男も、みやびに近づくみたいで(笑)親切はしてみるもんですねぇ。

 

 原案「スパルタ婚活塾」

男目線で書かれた女性に対しての恋愛論!