読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちびドラマーチ

神奈川在住の1児の母です。妊娠期間の半分以上、本気で苦しんだつわりのこと。子育てのこと。大好きなドラマのレビュー書いています。

僕のヤバイ妻2話ネタばれ感想~真理亜が魔女というよりただ痛い子な件

ドラマ ドラマ-2016年春ドラマ

スポンサーリンク

僕のヤバイ妻 2話ネタバレ感想

ワイン

  • 視聴率 7.7%

1話のラストで誘拐されていた真理亜が解放されました。そして見てしまった、恐ろしいものを。担架で運ばれていく真理亜のニヤッとした微笑み。

こっえー!!背筋が寒くなった。

杏南と共に真理亜を毒殺しようと企んでいた幸平は、真理亜誘拐後も嬉しそうにくつろいでいたのに、急に人が変わったように後悔し、悲しみ、必死に助けようと駆けずり周っていました。わたしは、あんたのこともこえーよ!!そんなすぐ改心するくせに、毒殺しようとするなんてどういうことなの?

妻の計画の全貌をここに一気に明かすよ

誘拐事件は妻の自作自演だった。

これはまぁ分かってたことなんだけど、少しずつ妻の計画が明らかになっていって・・・という展開を期待していたんだけどね。

なんか、20分位で一気に分かりました(汗)

真理亜はスマホのメールから杏南との浮気を知っていた。さらに自分を毒殺しようとしていることも知る。

自分を守る為に自宅、杏南のマンションに合鍵を作って侵入し、盗聴器を仕掛ける。幸平と杏南の会話から真理亜殺害計画の全貌を知る。

 

自宅に真理亜の血液撒き、幸平のジョギングスーツの足跡を玄関につけた。ペンチで自分の爪を剥ぎ、血液を車のトランクに付けた。幸平が持っていた毒入りのワインボトルを入っていないものにすり替えた。

 

後輩の緒方に協力を求め、誘拐されたように見せかけた。誘拐されている様子のDVDを作成し、2億円を幸平に運ばせ回収した。回収した2億円はバーのマスター小暮に託した。

森の中で緒方に石で自分を殴らせ、いかにも犯人から解放されたかのように見せかけた。

え!!雑ー!!何がしたいの、真理亜は!!

真理亜の計画、結構雑だよね。

お嬢様の真理亜があそこまで考えてやったっていうのは凄いと思うんだけどね。サングラスに帽子で見張ってる所とか、警察へのタレコミとか雑も雑!もう雑!!このドラマはホラー要素があるのかと思ったけど、コメディとして見たらいいよってことなのか。

2億円を幸平に運ばせたのは、自分を助けようと言う気持ちが幸平にあるのかを試していた。まだ、幸平の気持ちを信じたかったんじゃないかな。真理亜が誘拐されて、高笑いしたり酒飲んだりしてるだけでもうお察しなんだけどね。

真理亜と幸平の歪んだ夫婦生活、杏南と横路の動向に注目

思いのほか早く分かった真理亜の計画、それを知った幸平。

え?これからどうなるんだこのドラマは。ドキドキハラハラしながら真理亜の計画が明かされていくっていうのを期待してたんだけど、わたしは。

真理亜は幸平のことが好きだというのはよく分かりました。浮気をして自分を殺そうとまでしたのに気持ちは動かないらしい。誘拐事件での幸平の様子を見ていて、改心する幸平に嬉しそうにしたり幸せそうにしたり・・・。よく分からん!(笑)

真理亜の為に献身的に働く幸平を見て、あんなに急いで盗聴器をガチャガチャ外してましたからね。そりゃあ幸平にバレルって!いくらバカでも!!

幸平が毒を入れたワインボトルという弱み(証拠)を握って、どうやら歪んだ夫婦生活を送ろうということらしいです。ここまでは、真理亜、ちょっと痛い子くらいに思ってたんですが、誘拐事件の共犯者緒方が何者かによって殺されたとの情報が。

いやいや、真理亜!!あんた、やりすぎでしょうが!!

どう考えても、警察にびびってた緒方を真理亜が口封じの為に消したと思うのですが違うのか?時折見せる可愛い幸平大好き真理亜とのギャップが激しすぎるわ。

 杏南と横路、2人の目的は!?

真理亜殺害計画が破たんしてイラつく杏南。真理亜の遺産と愛人幸平を手にしようとしてたのがダメになったんだからね。でも、杏南の目的は本当に幸平と一緒になるということなんでしょうか?欲しかったのは金だけだったりして。

幸平の義兄、横路。こいつも怪しいです。そもそもあんなに簡単に犯人の仮説を立てて盗聴器まで発見できるものですかね。杏南に何か計画を持ちかけ、2億を手にしようとしているので幸平の味方、というわけでもなさそうです。

 

まだ2話で何かとっ散らかって来てますが、これをどう回収していくのか気になります。バーのマスター小暮がキーマンになってくるのかなぁ。

もっと真理亜を恐ろしく描いて欲しかっただけにちょっと残念です。あと7話か8話あると思うんだけど、これからまだ何かどんでん返しがあるのかなぁ?

 

 前回の記事はこちら

www.tsuwari-hanako.com