『つわり体験記』胎盤できてもつわり終わらない説

前回のつわり体験記はこちら。妊娠悪阻の記録を週数別に詳細に記録しています。

『つわり体験記』妊娠悪阻でフラフラ、妊婦検診の血液検査で倒れる。

2016年2月10日

秋につわりが始まったころ、妊娠悪阻に苦しみ絶望する私に医師は言いました。

「今は苦しいと思うけれどクリスマスには治まるし、ケーキもチキンも食べられるよ」

胎盤が出来るのは妊娠4ヶ月頃の14~16週。

胎盤が出来ると赤ちゃんはそこから栄養をとるようになります。そして母体のホルモンが安定し、つわりが治まると言われています。

つわりが治まると言われる週数まで辿り着く

私は、それだけを希望の光として生きてきました。

14週、遅くとも15週にはこの苦しみから解放されるのだと。

早く!早く!早く!!

早く時が過ぎてくれ!!

時の番人(妊娠悪阻で時の流れが遅く感じる現象)になりながらもカレンダーの日にちにバツを付け、

毎日毎日願い続けて苦しみ続けてやっとここまで辿りつきました。

 

そして来ました!12月24日!

 

全然終わらねぇ・・・

 

え?どうした?自分の体を疑いましたよね。

クリスマスだけど全く症状は変わりません。

ケーキもチキンも食べられませんし、食べたいとも思いません。

正直、泣きましたよね。

スポンサーリンク

「〇週には治まる」を信じ裏切られる妊婦

  • 8週が一番のピーク
  • 10週がピークでその後はだんだん良くなる
  • 13週頃に吐き気が治まってきた
  • 15週になると胎盤が完成しつわりが治まる
  • 18週を過ぎて朝起きたら霧がはれたようにつわりが消えた

ボジョレーヌーボーかよ。

私はこのような「〇週にはつわりが治まる」というのを見て健気に信じていました。

あと何日で〇週・・・と指折り数えて辛い日々に耐えます。

そして何事もなかったような通常運転の嘔吐で目標の週数が過ぎていく。

その時の裏切られた悲しい気持ちは体調をさらに悪化させました。

 

ネットに沢山出ている「〇週にはつわりが治まる」というのは妊娠悪阻ではなく普通の(?)つわりに向けた記事なんでしょうね。

信じて期待して落とされる。

妊娠悪阻あるあるです。(分かりたくない)

私の胎盤が無事完成をむかえる

年内最後の検診に行きました。

まぁ、激混みですよね。混み過ぎて本当に少子化なのか怪しくなります。

もう2時間は待つことを覚悟していますので、取りあえず車の中でひと吐きしてから待合室に向かいます。

吐きすぎて何の特別感もありません。

私にとって息をするのと同じです。

一度吐くと気持ちの悪さはほんの少しだけリセットされて数時間は持つようになっていました。

待合室では寄りかかっていないと体力の消耗が激しいので夫に寄りかかります。

人間は立ったり歩いたりするのですら体力を使って動いているのだと、妊娠悪阻になってから気づきました。

まさか・・・完成している・・・だと?

診察室に呼ばれ、エコーで赤ちゃんの様子を見てもらいます。

 

「おー、元気だね。赤ちゃん。ほらほら、動いてるよ。」

 

それからこれが胎盤ね。

立派にできあがってるよー。

 

 

 

 

確かに、エコーには何か大きな塊らしきものが見えました。

 

え?

できあがってる?

できあがってるって胎盤できてるの?

終わってねーよ、つわりが終わってないよ。胎盤出来てるのに何でつわり終わんねーんだよ。

何ということでしょう。

私の胎盤はしっかりと間に合わせてきていました。

では、何故につわりは終わらないのでしょう。

胎盤完成を夢見ていた私はあっけにとられてしまい、

「もう胎盤出来てるし、つわり良くなってきたでしょ?」

という先生の質問になぜか「あ・・・はい」と答えてしまいました。

ばか・・・(涙)

 つわりのまま新年をむかえました

妊娠16週になってもいっこうにつわりは終息をしないではありませんか。

多少は良くなっているのか、短時間ならスマホの画面を見れるようになりました。

もう検索エンジンに「つ」と入力するだけで壮絶な文字が並ぶようになりました。

「つわり いつ 終わる」

「つわり 胎盤 終わる」

「つわり 安定期 終わる」

「つわり 吐く 苦しい」

「つわり 絶望」

「つわり おかしい」

検索魔と化し、鬼のように調べまくる日々・・・。

調べてもしょうがないから、やめた方がいいと夫に言われるがやめられない。

そのうちに、

「つわり 産むまで」

「つわり 終わらない」

こんな恐ろしいキーワードも検索してしまう。私の検索履歴はつわりでいっぱい!

これだけ体と心をつわりに支配されていたら当然こうなります。

そして、一番の目標にしていた胎盤完成をむかえてもつわりの勢いが全く衰えないことから一つの結論に達しました。

 

胎盤が完成してもつわりが終わらないことがある。

現場からは以上です。

 

つわり体験記のつづきはこちら

『つわり体験記』なぜか見れるミステリー。孤独な日々を金田一が救ってくれた

2016年2月22日

つわり関連の記事を他にも書いています

つわりの対策方法。症状や食事、治療方法など乗り切るヒント

2017年4月14日

つわりが辛い時は我慢せずに泣いていいんだよ。1人で抱え込まないで

2016年12月19日

2 件のコメント

  • 初めてコメントいたします。
    今2人目妊娠中で、1人目も2人目もキョーレツな吐き気(ってか吐いてます)に見舞われる生活です。お風呂で吐くエピソードとかも当てはまりすぎて涙でました。でも、ケトン体が出るほどではないので仕事も休むことができずツライです。゚(゚´Д`゚)゚。
    1人目の時に、間1ヶ月くらいつわりが治まったもののすぐ後期つわりが始まり産む前日まで吐いてました。

    なのでこの記事、関連記事も含めて、本当に“自分だけじゃないんだ”と思えて勇気付けられています。(周りにつわり酷い人が居なさすぎて自分は変なのかと思ってました)
    まだ記事を全部読んだ訳ではないですが、感謝を表したくコメントさせて頂きました。ありがとうございます!!

    • かめこさん
      初めまして!コメントありがとうございます。
      辛いですね・・・。ケトン体が出れば診断書を書いてもらって堂々と(?)休めるのに、出ないとそれはそれで地獄ですよね。
      産む前日までって言う方、たまに見かけます。よく言う16週とか18週とか何なんだ!?って思う。
      今、私が主にTwitterで仲良くしている「つわり仲間」の方が書いてくれた体験記をアップしているので、よかったらそちらもご覧ください。
      共感するだけで少しは元気でますよね。感謝なんて、とんでもない!こんな拙い文章がお役に立てて光栄です(^^)/

  • かめこ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください