『つわり体験記』性別が分かったらちょっと元気になる現象

前回のつわり体験記はこちら。妊娠悪阻の記録を週数別に詳細に記録しています。

妊娠17週になりました。
相変わらず体調は悪く家から一歩も出ることは出来ません。もはや軟禁状態で辛いです。

24時間気持ち悪いので日中はずっとソファに横になっているだけ。
食事も満足には取れずに食べれるものだけ口にしている状態です。
吐き気の方はピーク時30回/1日以上吐いていたのが、7~8回/一日程になりました。少しずつ良くなっているのだろうか。

性別が気になるのが遅い

妊娠17週にして初めて思いました。
「私の赤ちゃんは男の子、女の子どっちなんだろう?」
妊娠して約3ヵ月ほどになると言うのにこの疑問が今さら出てくることがもうおかしい。
自分が生きることに必死で赤ちゃんの性別に興味が向かなかった

妊娠していてこんなことある?
普通は妊娠してすぐからずっと気になっている人もいるだろうし、そこまで考えない人でも3ヵ月興味ないって人いないでしょうよ。
この頃の私の最大関心事といえば、「一日をいかに体感早く過ごすか」しか無かった。
それほど辛くて生きているのがやっとの状態だったんだよね。
そして今やっと「赤ちゃんの性別」を考えられる状態になった。

性別を考える

まだ胎動は感じられませんが、男の子だったらそろそろ分かるのかもしれない。
女の子は分かりにくいから性別判明は少し遅くなるらしい。

私は自分が3姉妹なので女の子が良いな~と思っていましたが今はそんなのどちらでもいい。とにかく一刻も早くこの気持ち悪さを脱し、子を産みたい。
これだけのつわりに耐えてきたのだ、性別などどちらでもいい。

はやく正産期まで辿り着き産みたい。

産ませてくれ。

男の子でも女の子でも可愛いに違いないだろうし。こんなに、こんなにも!耐えているのだから可愛くないはずがない。
一日中横になっているのでやることも無く、どちらの性別もしっかりと妄想して時を稼いでいました。

男の子だったら車とか電車とか好きかなとか、元気いっぱい走るのかなとか。女の子だったら可愛い服買いたいなとか、お人形遊びしたいなとか。
妄想は捗りますが、名前はまだ考えることが出来ません。漢字を考えるだけで吐き気が襲う。こんな悲しいことある・・・?

性別が判明

この日も命がけで行った検診でついに性別が分かりましたー!女の子です。
この週数で分かるのは早い方らしいです。
確定ではないけど8割方は女の子だそう。次回の検診で残りの2割を確定させましょうと言われました。
もはや今回の診察はつわりのことは一切聞かれない。
先生もほとんど気にしていない様子です。
尿検査でもケトン体は検出されていないらしい。確かに以前に比べたら吐く回数は減ってきているし無理矢理食べている。

そして、先生から最後に一言。
「体重管理はバッチリですね!すばらしい!この調子でいきましょう!」
はい。
食べれてませんからね!!(涙)
めちゃくちゃ先生に褒められた。

性別が分かるとちょっと元気になる

お腹の子が女の子かもしれないと分かってから、ますますこの子に愛着がわいてきました。
いや、分かってる。遅い・・・ですよね。

今まではただただ苦しいだけでまだ胎動も感じられないので実感もなかったが、性別が分かると妄想が膨らみます。
どんな服を買おうかとか、どんな顔かなとか・・・。
なんと!17週目にして初めてと言ってもいいほど妊娠してから前向きな気持ちになれました。

この日を境に少しですが食べられるものにも変化があり、食のレパートリーが広がりました。
さらに金田一少年の事件簿(←今思うと酷いな)しか見れなかったテレビでしたが、他のアニメや食べ物が出てこないドラマなども見れるまでに回復しました。

つわり体験記のつづきはこちら

妊娠悪阻経験者の方に体験談を書いていただきました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください