新米パパに読んで欲しい!おすすめ本紹介まとめ

近頃は育児にとても熱心なパパが増えました。私の親世代と比べると、時代の流れもあってか本当にみなさん一生懸命子育てしようとしています。

わが家の夫も例外ではなく、すごく育児を一生懸命やってくれて娘もよく懐いています。とは言っても・・・

「どうやって子供と関わればいいのか分からない」

「これからパパになるけど、しっかり出来るか不安」

という男性も多いようです。そんな新米パパにおすすめの育児本・エッセイを紹介します。

まずは知識として身につける、育児をするモチベーションをあげるのに本はうってつけなんです。わが家は二人で育児をする上で沢山の本を読みました。

その中で是非おすすめしたい本をまとめたので参考にして下さい。

ダンナのための妊娠出産読本

コウノドリの主人公のモデルとされる産科医荻田先生が書いた本。

とても分かりやすく、妊娠・出産について書かれているし全く堅苦しくないので読みやすい。妊娠中の奥さんがいる方には、まずはこの本を読んでみることをおすすめしたい。

多くの男性にとって、妊娠出産は未知の世界でしょう。基本的な知識から妊娠中、どんなサポートをするべきなのか?こんな迷信は気にしなくて良い!など、この本を読むと赤ちゃんがぐっと近くに感じられるはずです。

スポンサーリンク

新しいパパの教科書

妊娠中からこちらの本を読んでいると、自分がパパとしてどう動けばいのか分かりやすい。右往左往してオロオロ・・・ママの指示待ちにならないよう知識を得るにはうってつけです。

こちらの本で紹介されているロールモデルは、どれも「凄いなぁ・・・」と思う反面、全てやろうと思うとパパが苦しくなってくることもあると思う。

一つの例として出来るところからまずは始めてみる。意識を変えてみる。という位からやってみた方があんまり思いつめなくていいんじゃないかなと感じました。

ただ、パパが気付かないことやママが思っていることなど、「それそれ!それ嬉しい!」と私としては共感する部分もかなり多かったです。

出産・育児ママのトリセツ

サブタイトルは「子どもができて妻が別人になりました というあなたへ」です。

実は私が知らない内に夫が購入していて、家の本棚にあり「!?!?!?」とびっくりしていたのですが、「面白そうだから買ってみた。はなこは別人にはなってないよ」とのこと。嘘かもしれないけどね・・・。ごめん。

私も読んでみましたが、これママも読んだ方があるあるを共感出来て面白いかもと思った。わが家は夫がかなり奮闘してくれたので、ここまでストレスはたまらなかったんだけど、ここに書いてある「あるある」をパパが全部やってしまうとブチ切れ大爆発が起きそう。

ママの気持ちが分かりやすく書いてあるので、「自分って鈍感かな?」「なんかママの機嫌が悪い」と心当たりのある方へ。

ヨチヨチ父戸惑う日々

人気イラストレーターのヨシタケシンスケさんが、自身の子育てで感じた「とまどいの日々」を描いたイラストエッセイ。

母親と父親は同じ親だけどやっぱり違う。赤ちゃんとの出会いから夫婦の関係、父親になり感じたことを飾らない言葉と可愛い絵で書いています。

「パパは共感 ママは落胆」というキャッチコピー通り、私の夫もすごく共感しておりました(笑)

詳しくはこちらの記事で紹介していますので、どうぞご覧ください。

ヨチヨチ父 とまどう日々/ヨシタケシンスケが贈るパパママへのエール

2017.05.22

パパと子どものあそび

著者は保育園で保健師をされている二児のパパ。この本はパパによるパパの為の本であると、夫婦で読んで思いました。

「子どもとどうやって遊んだらいいのか分からない」というパパは多いでしょう。なかなか子どもに慣れていないと、自分の子といえど上手に遊ぶことは難しいですよね。特に低年齢の場合は。

この本は0歳から2歳まで、数カ月ごとに子供の成長に合わせて具体的にどのように遊べばいいのか?ということが書いてあります。ちなみに2歳の娘は、こちらで紹介している「さかさまロケット」が大好きです!

また、遊び紹介の前に基本的な育児のこと。抱き方やミルクの作り方なども載せているのが素晴らしいと思います。

なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか

こちらはちょっと番外編。だけど結構面白かったので紹介します。

夫婦カウンセラーの高草木陽光さんの書いた本。「夫婦カウンセラーって何・・・?」ちょっと胡散臭いなぁ~と思いながらも(失礼)読んでみると、ほぅほぅ!と共感できる部分が多かった。

これは育児中の夫婦が読んでみると良いのではないか、お互いのことを知るきっかけになりそうと思いました。あるある事例は「分かる分かる!」と共感できるものも多く、ケンカが増えるであろう慣れない育児中に読んでみると面白いですよ。

読書はストレス発散にもなる!

私自身もそうなのですが、読書ってストレス発散になります。

子どもが生まれる前はどちらかというとアウトドア系で、出かけたりスポーツをするのが大好きでした。でも、赤ちゃんがいるとなかなかそんなことも出来ない・・・。あっという間にストレス発散のはけ口を失いました。

読書は家にいながら、静かにしながら、色んな考え方や知識を手に入れることが出来るものです。これが意外と育児の息抜きになるんですよ。

活字が嫌だな~と言う方は、漫画やエッセイでも良いのでおすすめです。

こちらの記事もおすすめです

妊婦さんおすすめの本10選。妊娠中に読んで良かった本

2016.04.10

椰月美智子『明日の食卓』/子供へのイライラ、暴力の衝動を止められますか?

2016.10.01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA