Amazonアソシエイトアカウント閉鎖から復活までの経緯

久しぶりにブログ運営に関することを書きます。

おそらく一部の方にしか需要のない内容なのですが、私の中ではかなり焦った出来事だったので、もし同じようなことになっていいる方の何か助けになればと思います。

実は・・・Amazonアソシエイトのアカウントが閉鎖されました。

これ、ブログ・サイト運営している者にとっては恐ろしい出来事で、私も閉鎖されていることを知った時にはかなりうろたえて焦ってしまいました。

Amazonアカウントが閉鎖された

私は毎日Amazonアソシエイトの管理ページを確認しています。毎日する必要もないんだけど、日課のようになってしまっているんです。

ログインすると管理画面上部に赤い文字で

このアカウントは閉鎖されました

えっ!!!???

なになに?えっと・・・、閉鎖・・・されたの??

もう見た瞬間の私の動揺っぷりなんかすごかったですよ。本当にいきなりだったので寝耳に水状態で、どうしよう・・・ってオロオロするばかり。

実は最近メールアドレスを変更して、Amazonに登録してあったものは使用出来なくなっていました。そして、新しいメールアドレスをまだ登録していなかったのです。

本当に今思うと、何やってるんだ!?って自分でも情けないです。

スポンサーリンク

私がやってしまった規約違反

メールアドレスを登録して、Amazonからメールを受信出来るように設定し、ヘルプ⇒お問合せからメッセージを送りました。

メールアドレスの変更をし忘れていて、Amazonからのメールが届かなかったのでもう一度送って欲しい。というような内容です。すると1時間位ですぐに返信が返ってきました。そのメールによると、

  1. 登録したURL以外のURL経由でユーザーをアマゾンへ誘導されていること。
  2. プログラム内の情報やEメールアドレス、問い合わせ先情報、同一性を含むアカウント情報が不完全、不正確、または更新されていないこと。

この2点が規約違反となり、アカウント閉鎖になった理由でした。

すぐに規約違反を訂正

規約違反についてですが、もう私のミスでこうなってしまったので何の言い訳も出来ません。言い訳は出来ないのですが、どうしてこんなことになってしまったかと言いますと、

  1. 独自ドメイン取得後、お問合せよりAmazonアソシエイトへURL変更の連絡をし、無事審査が通る。その後、管理ページから自分で変更しないといけないのですが、これを忘れていました。
  2. 登録時のEメールアドレスで不正ログインがあり、そのアドレスを慌てて変更し使えなくなっていましたが、Amazonアソシエイトの登録をまだ変更していませんでした。

はい・・・全て私がうっかりしていたのが原因です。

すぐに規約違反を訂正しました。

でも、色々と調べて見るとアカウント閉鎖後に復活してもらえた方もいれば、だめだった方もいて、「もしダメだったらどうしよう」とめちゃくちゃ不安になりました。

もう一度審査してもらえないかメールをする

私が違反していたのは登録の部分でしたので、すぐに正しいものに登録し、またお問合せページからメッセージを送ってみました。

規約違反をしてしまって申し訳ありません。

すぐに全ての箇所を修正し登録し直しましたので、もう一度審査していただくことは可能でしょうか?出来るのであれば、アカウントを閉鎖から使えるようにしていただきたいです。

この度は私の注意不足で規約違反をしてしまい申し訳ありませんでした。どうぞよろしくお願いします。

めちゃくちゃ低姿勢を貫くはなこ。

もう気分は得意先に懇願する崖っぷちサラリーマンです。それか上司に土下座する部下?

するとすぐにAmazonからメールで返信が来ました。

しかるべき部署に転送したので、そこからの返信を待つこと。3営業日以内に回答する。

確かこんな感じの内容です。実はこのやりとりをしたのが連休前だったので、その部署から返信が来るまでは本当に生きた心地がしなかったです・・・(小心者なので)

アカウント復活へ

連休明けで午前中にAmazonから例のお願いに対する返信メールが来ました。

ご連絡いただいた内容から判断した結果、貴殿のアソシエイト・アカウントを再開させていただきました。

無事、アカウント復活!!

ありがとうございますありがとうございますありがとうございます!!!!

メール開けるまでは、だめだったらどうしようと本当にドキドキしていたんですが、助かりました。当たり前ですが、規約をきちんと確認して登録をしないといけませんね。

復活は出来たのですが、それまで使っていたトラッキングIDは使えなくなったので、新しくトラッキングIDを作成しました。それまで埋め込んでしまっていたコードは「Search Regex」というプラグインで置換。

もうこんな思いはごめんなので、今まで以上に慎重にやります。

まぁ、私みたいなことをする方なんて少数だと思いますが、皆さんもお気を付けください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA