歩道で歩行者に自転車のベルを鳴らしまくる奴らが許せない、これは違法行為です

先日、歩道を歩いていたら後ろから走ってきた自転車に乗ったおじさん(60歳位)にベルを鳴らされました。

しかも、チリンチリンチリンチリンチリンチリン!!と何回も思いっきり鳴らされました。

私が歩いていた歩道は自転車通行可の標識がある場所ではないし、車道外側線の外側も自転車が走れそうなスペースはあります。

そもそも歩行者優先なのに厚かましくも、

「邪魔だ!どけ!」と言わんばかりにイラついた顔をされたので私の方もイラっと来てどきませんでした。そしたら、

「どけって鳴らしてるだろ!どけよ!聞こえないのか!」

「危ないだろ!馬鹿野郎!」

と舌打ちされながら怒鳴りつけられました。

はぁ~~~~~~!!??危ないのはお前の方だ馬鹿野郎!

これに私の怒りは頂点に達して、言い返そうと思いましたが物騒な世の中、何があるか分からない。

私が無言のまま端によけて振り返ったら、狭い歩道の脇を舌打ちしながら走り去っていきました、クソジジイ。

スポンサーリンク

歩道を我が物顔で走る自転車

こんな経験みなさんありませんか?わたしはこれまでにも何回もあります。

1人で歩いている時以外にも、娘をベビーカーに乗せて歩いている時に、ベルを鳴らしながら猛スピードで自転車のおじさんに突っ込まれそうになったこともあります。

自転車は軽車両なので車道を走るものですが、車通りの多い車道が危ないと感じ歩道を走りたくなる気持ちも分かります。

もちろん自転車通行可の歩道もありますが、その場合でも歩行者優先は変わりません。

それなのに、何故あの人たちはあんなにも偉そうに走っているのでしょうか?

我が物顔で歩道を走り、自分たちの通行の為にベルを鳴らして歩行者をどかすなど一体何様のつもりなんだ?

若い人でもいるのでしょうが、私が今まであったのはいずれも年配者で男女共にいます。年はとってるくせに傲慢であまりにも無知、何か大きな事故を起こしてからでないと分からないのでしょうか。

歩道を自転車で走るためには歩行者の保護は当然

f:id:ppp2500:20170213093924j:plain

歩道を自転車が走る場合にはどのような注意点があるのでしょうか?分かりやすくまとめているものがありました。

歩行者が優先です

  • 歩行者がいるとき
    すぐ停止できる速度で徐行してください
    歩行者の通行を妨げるときは止まってください
    歩行者に対してみだりにベルを鳴らしてはいけません
  • 歩行者がいないとき
    すぐに徐行できるような速度で走ってください

道路交通法第63条の4  国家公安委員会告示「交通の方法に関する教則」第3章第2節の2

写真を見ながら学ぶ自転車の交通ルール|自転車文化センター

こんなことを守っている自転車の方が少ないのではないでしょうか?歩行者の通行を妨げる場合はそっちが止まれよな!

もちろんこれは自転車通行可の標識がある歩道、やむ終えず歩道を通る場合においての注意点です。

また、今回私がチリンチリン鳴らされたベルは本来歩行者にむやみに鳴らしてはいけないとされています。

車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。

道路交通法54条の2より

危険を防止するやむを得ない場合というのは、左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかどなどですね。

むやみやたらにベルを使用するのは、警音器使用制限違反にあたる可能性があり、この場合は2万円以下の罰金又は科料に処せられます。

ベルを鳴らしまくって歩行者をどかそうと思っている所が本当に腹が立ちます。徐行しながら、「すみません」「通してもらえますか?」どうしてこの言葉が言えないのだろうか・・・。声をかけるのが嫌なら歩道を出るか、降りろよと思います。

自転車も人の命を奪ってしまうことがあるのだとよく考えて欲しい、猛スピードでベル鳴らしながら突っ込んでくる人が(鳴らさず猛スピードは論外)私の大切な人を危険な目に合わせたらと思うと怖い。

ベルを鳴らす人の言い分

ちなみに私のママ友の中でこのような話になったら、皆が自転車に嫌な思いをしていた中、こんな方がいました。

「え~!普通に沢山鳴らすよ、どけっ!と言う気持ちじゃなくて通して!と言う気持ちで鳴らしてるし。聞こえないのかと思って鳴らしまくる時もある」

「ベル鳴らさずにぶつかって事故になるなら、鳴らしてどいてもらった方がいいでしょ」

な・・・なるほど?鳴らしている人の気持ちまで歩行者が分かる訳ないのだがと思うのですが、鳴らす人はこんな感じでチリンチリンやってるんでしょうかね。

確かに歩道を走ると歩行者から「車道走れ」と言われて、車道を走れば車から「歩道走れ」と言われることもありますし、自転車側もストレスたまるのでしょうか。

個人的には自転車通行可の歩道や、やむを得ない事情の場合は法律で定められているように歩道を走るのが良いと思いますが、その場合はスピードを出さない、歩行者の横を通る時はむやみにベルを鳴らさず一声かけてくれたら・・・こんなにベルが嫌われないと思います。

「チリン、チリン」と必要最低限鳴らして「すみません」と言われるなら私は嫌な気持ちになんてならないです。本当に危ない時に鳴らさなくても怖いので、お互い譲り合う気持ちを持ちたいですね。

声を出すよりもベルが通るのは分かりますが、歩行者にどいてもらったら一言かけるのが礼儀だと思います。

自転車専用道路が増えたらいいんだけど、なかなか難しいんでしょうね。

ランナー専用のベル、「ランベル」の説明が凄すぎる

みなさん、ランベルというものをご存知でしょうか?

ランナーが腕に付けて鳴らすベルの事です。ランベルは東京在住のNadolny夫妻が考案した物だそうです。

ランナーが指にはめて使用し、歩行者をぬく10メートル手前になったらベルを鳴らすのだそう。その時「ありがとう」と言うのがランベルのルールです。

歩行者を抜いたら、スペースを空けてくれた彼らにお礼を言うのをお忘れなく。手を挙げ、ランベルを振り、「ありがとう」と言いましょう。「ランナーの手に付いているあの光っているものは何?」って歩行者を驚かせましょう。

驚かせましょうって・・・、まぁいいけど・・・。

ランベルの使用例は以下のように書いてあります。

  • 道が塞がっている場合
  • 複数の事をスマホで同時に行う人
  • 傘をさしている場合
  • バスの停留所
  • 見通しが悪い角
  • T時の交差点での飛び出し
  • 旅行者
  • 地下鉄の駅
  • トレイルラン

確かにランナーが道を通る時にスピードが出ていると危険ですから、この中でいくつか分かるものもあるのですが明らかに気になるものも。

バスの停留所

バスが到着したならば、乗り降りするたくさんの乗客をわざわざ気に掛けていられません。

ランベルの「 チンチン」を素早く鳴らせば、あなたがうまく通り過ぎようとしていることをみんなに知らせてくれます。

わざわざ気にかけていられませんって・・・勝手に走ってるんだろ!気にしろ!自己中にもほどがあります。

地下鉄の駅

混雑している地下鉄の駅では、たくさんの人々が何時如何なる時でも出入りしているものです。人が急に予測し得なく直角に曲がったり戻ってきたりするのに気を付けて。そのような時は、必要に応じてランベルを使ってみましょう。

地下鉄の駅でも走る気か!?それとも普段使いを推奨しているの?どっちにしろ地下鉄の駅でチリンチリンならしたらうっさいわ!うっとおしいわ!

確実に変な目で見られますし、もしかしたら駅員さんが駆けつけてくるかもしれないので注意。

ランベルは自分に酔いまくっている商品説明がスゴイ

いやー、びっくりした。ランベル付けてるランナーにまだ会ったことがないんだけど結構売れているのかな?

ランベルのスゴイと思ったところが、製作者のコメント含めて公式HPでの説明が全く悪びれていない所です(汗)それどころか「ランベルの美しい音色を歩行者に聞かせてあげましょう!」というノリなんです。

ランベルのキャッチコピーは「ランベル、モッテル?」です。どこかで聞いたような感じなんだけど大丈夫なのか。

この公式PR動画も何故かかなりスタイリッシュです。


ランベル ー ランナー専用のベル

ランベルはチリンと鳴らしたら、手を上げて(ランベルを見せて驚かせながら)「ありがとう!」と言うのがルールらしい。

あんまり頻繁に鳴らすとうざいので使い方が難しいと思う。走っている時に声を出すのが辛いからベルらしいんだけど、批判すごそう。

10 件のコメント

  • ランベル鳴らすのと自転車が鳴らすのとなにも変わらないと思うのですが。爺さんが鳴らしてるのによけようとしない時点でランベルが鳴ってもどかないでしょ?

  • ヤッホーちゃずけさん
    自転車でむやみやたらにベルを鳴らすのは警音器使用制限違反です。ランベルはこれには当たらないですが、私は一言ないとムカつくのでたぶんどきません。ランベル賛成派でも何でもなくて、こんなのもあると紹介したかっただけです。
    分かりにくくてすみません。

  • 自転車の交通ルール教育を、後回しにしたツケが回って来ています。
    私がまだ小学校の頃は、警察の交通課が講習に来てたと思います。
    当時は今程普及して居らず、値段も高かったので、自転車の講習会やマナーとかルールも後から付いてきたかと思います。
    昭和の50年代から自動車が爆発的に増えて、自動車事故の対応に追われて、また自転車へのマナーとルールが先延ばしになり、現在に至っております。
    なので60才以上の方は、マナーとルールを習って居ないから、投稿者様のように不快な思いを為さられるのは、ある意味当然かと思います。
    ここ数年は、中学生辺りまでは漸くヘルメットを着用するするようになってきておりますが、高校に入学と共にルールやマナーどころかヘルメットも被らなくなります。
    あとひと世代入れ替わらないと、チリンチリン鳴らす行為と夜間の無灯火が減らないかと思います。

  • 歩道での自転車ベルはあえてどかないようにして、酷い場合は抗議しています。少しずつですが、そうすることがマイナスになると思わせないと減らないと思います。できるだけたくさんの人が、少しずつたしなめて行くしかないと思っています。
    自転車は降りたら歩行者、走るのはいつでもやめられます。状況にあった、行動が一番ですよね。

  • ガヤルド (id:gayalud)さん
    確かに私の時も小学校の時に何回か自転車の講習がありました。
    なるほど・・・今マナーが悪い方が60歳以上に多いのはそういう理由でしたか。誰からも教えられなければ自分がルールのようになってしまっているのかもしれませんね。
    中学の頃はヘルメット着用義務がある学校が多いですよね、私の学校もそうでした。
    あー、あとひと世代か・・・。私たちがもっと歳をとった時に自転車のマナーがもっと良くなっていることを願うばかりです。
    貴重なご意見ありがとうございました。

  • トレッテーノさん
    私も以前はどかずに抗議したりしていたんですが、最近は物騒な事件が多くてしり込みしてしまいます。特に子供といる時なんかは怖いんですよね・・・。
    トレッテーノさん凄いです!
    でもベルで人がどくなら止めない違反者が無くならないのも分かります。だって本人からしたら便利ですからね。
    子供にはきちんと教えて、下の世代がマネしないようにしたいです。自転車での悲しい事故も多いですから凶器になりえることを忘れないようにしなければ。

  • どんな事情があれ、自分の都合で人様に動いていただくのであれば、恐縮する心持ちでありたいですよね。法律などという以前に、人としてのプライドを持ちたいですし、子どもにはその事はしっかり教育したいと思います。いつも、「大人が全部正しい訳ではない」と幼い子どもらに言い聞かせています、切ないですが…。

  • もこもこたさん
    いつもコメントありがとうございます!
    そうなんですよ、自分だけの道ではないのだし歩行者優先ですからベルをならして譲らせるのはおかしいです。
    私も子供にはきちんと教えるつもりです。見本にならない大人もいますからね~、そうならないように教育していくしかないですね。

  • 自転車乗りですが生まれてこの方ベルを鳴らしたことは一度もありません
    (「警笛鳴らせ」に遭遇したことがない)
    原則車道を走りますが、どうしても自歩道を通らないといけない場合、歩行者がいたら安全に抜けるまで延々ついていきます
    ただ年寄りの中には抜く時にはベルを鳴らすのが常識だと考えている人もおられるようで
    比較的距離をおいてゆっくり抜いたつもりでも「抜く時にはベルを鳴らせ」と言われたことがあります
    (一度だけですが)
    成人の再教育は個人的には無理だと思うのですが
    将来的に少しずつでも良くなるように
    義務教育に交通ルールを取り入れてほしいです
    (自転車の問題だけでなく歩行者もヒドすぎる)
    スイスではベルの装着義務を無くすらしい
    日本もベルを任意にしてバックミラーを義務化してほしい

  • 少年Aさん
    コメントありがとうございます。
    素晴らしいですね、このような方ばかりなら事故も減るでしょうし嫌な思いをすることも無くなるのに・・・と思います。
    なるほど、世代によって考え方が違うのは教育を受けたかどうかで差が出そうです。自転車講習を受けていない世代の方は、そもそもルール自体知らない場合がありますね。
    歩行者も道一杯に広がって歩いたり、歩きスマホをしたりと危ない場面を多々見ます。子供たちにはしっかりとルールを学んで欲しい。
    スイスではベルの装着義務を無くすんですか!日本はまだまだ先になりそうですね、逆に義務化してますからね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA