『つわり体験記』母子手帳は代理でも受け取れる?母に代理を頼みました

前回のつわり体験記はこちら。重症妊娠悪阻の記録を週数別に詳細に記録しています。

『つわり体験記』つわりのぶり返し。一喜一憂して疲れる

2016.01.03

妊娠10週目。

この日は重症妊娠悪阻で入院してから退院後、初めての検診の日でした。

はなこ
行きたくない・・・。

病院なんて行けない。家から出たくないよ。

正直、病院に行く日を決めてから毎日行きたくないと思っていました。

理由はたったひとつだけ。

病院に行く体力が無く、動くのが辛いから。

病院でエコーを見せてもらって赤ちゃんの様子が分かるのは、妊婦なら幸せな時間だと思う。

検診が楽しみで待ちきれないという方も多い。

でも・・・今の私はそんなことは一切考えられない。嬉しくないし、特別見たいとも思わない。

だって辛いから。

赤ちゃんのことを幸せに考える余裕など今の私にはない。

悔しいよ・・・。

病院に行くことの何が辛いって?移動と待ち時間だよ

つわりを経験していない人にとって「病院に行くのが辛い」ってことは全く理解出来ないと思う。

辛いなら尚更病院にいかなきゃ

分からない人はたぶんこう思います。

そうじゃないの。

今、この場から起き上がり、着替えて、髪をとかして、メイクをして、移動して、

病院に行くまでの全ての行程が辛いの!

だったら点滴が出来なくても、赤ちゃんが見れなくても、

このまま・・・ここにいさせて・・・と思うんですよね。

スポンサーリンク

いざ、産婦人科へ

母の運転で産婦人科まで行きました。

タクシーより、家の車の方が私が楽。

タクシーはにおいに敏感なつわり妊婦にはタバコの残り香とかがきついです。

この日も車で数十分かかり(引っ越し予定地の産婦人科のため)途中で止って吐きながら行きました。

休み休みいかないとつわり中は本当にきついので、産婦人科まで遠い方はお気を付けください。

車の揺れがまたいい感じに吐き気を誘うのです。

揺れに連動するように吐き気をもよおします。

ガタン、ガタン「おえっ、おえっ」ガタン、ガタン「おえっ、おえっ」

ちなみに、リズムはまさにこんな感じです。

一度頭の中に思い浮かべてしまえば、三木道三が頭から離れなくなりました。

吐き気と格闘の末に劇混み産婦人科に到着

本日も相変わらず人気の産婦人科、またもや今回も激混みです。

もう、倒れそうになりながら母に寄りかかり、順番を待ちます・・・。

この時間は永遠とも感じるほど長かった。

病院での尿検査の結果、ケトン体の検出は出なかったのでホッとしました。

また入院は嫌なので、吐きながら頑張って食事をしたのが良かったのかもしれません。

ただ体重はつわりが始まってから5キロ減っていました。

食べてももれなく嘔吐しているので仕方ないですよね。

それにしても、ダイエットで5キロ減らすのなんて並大抵のことじゃないのにつわりでスルっと落ちるんだからつわりは恐ろしいです。

診察の結果 赤ちゃんはとても元気でした

入院中からでしたが、エコーで赤ちゃんを見せてもらうと少しの間だけ元気になります。

これはあるあるですよね?

それから、先生に

医師
つわりが酷い人って赤ちゃん元気な人多いんだよー

と言われましたが本当でしょうか・・・?

なぐさめられたのかもしれませんが、先生が言うのですから少しはあるのかもしれません。

とはいえ、他のママと違って栄養のあるご飯食べられなくてごめんね・・・。。

実家への帰省が決定

先生に次の検診まで実家に帰ってもいいか聞きました(実家は富山県です)

『つわり体験記』妊娠悪阻で入院中に感じた苦痛。退院はいつ?

2016.01.01
医師
実家は富山か~、かなり遠いね。

つわりが悪化しないように休みながら行くならいいでしょう

ここから富山までは車で6時間程かかるのですが、1人で自宅にいるのも心配だからと先生からOKをもらいました。

やっとの思いで診察が終わり、帰りの車ではずっと横になっていました。

目を瞑って何も考えないようにしないと吐いてしまいます。

母子手帳を代理で受け取る方法


病院から次の検診までに母子手帳を受けとるように言われました。

妊娠が分かったらすぐにもらえるものかと思っていましたが、これは病院によるようです。

心拍が確認出来たらという所が多いみたいですが、私の場合はつわりで入院していたので少し遅くなったのかもしれません。

妊娠前から母子手帳を受け取りにいくのをずっと夢見てましたが、今の私に受け取りに行ける元気など皆無。

私と同じようにつわり等で母子手帳を取りに行けない方もいると思うので、参考までに代理で受け取った方法を書いておきます。

母子手帳は代理で受け取ることが出来ます

各自治体により、多少異なるかもしれませんが母子手帳は代理で受け取ることが可能です。

基本的には、妊婦本人が受け取る必要があります。

しかし、私のように妊娠初期だとつわりが酷く自分で取りに行けない場合や、切迫流産で絶対安静が必要な場合は代理人に受け取りをお願いできます。

私のようにつわりで苦しんでいる妊婦さんは、無理をせずに代理受け取りをしてみてはいかがでしょうか?

<私が代理受け取りをした時に必要だったもの>

  • 身分証明書
  • 母子手帳受け取りの委任状

これらは自治体によっても多少異なる場合があるので、代理で受け取りたい場合はまずはHPや電話で確認をお願いします。

代理で手続きをする場合は通常より時間がかるかもしれません。私の母は2時間ほどかかってしまったようです。

 

つわり体験記の続きはこちらです

『つわり体験記』つわり療養の為に実家帰省。片道6時間の旅

2016.01.05

4 件のコメント

  • はじめまして。悪阻、大変でしたね。私も酷くて最後まで長引いたのですがまだまだ軽いほうだったのかも。今ツワリで苦しまれてるプレママさんに役立つ情報だと思います

  • 初めまして。コメントありがとうございます。お互い悪阻大変でしたね。なかなか妊娠悪阻の情報は少ないので頑張って書いてみます。

  • こんにちは、お邪魔します。
    現在3人目妊娠中です。
    1人目の時に2週間で8キロ痩せ緊急入院、重症妊娠悪阻でした。
    3ヶ月入院しました。
    2人目は出産前までつわりで苦しみました。
    現在3人目8週つわりで寝たきりです。。
    つわり何度経験しても辛いですよね。読ませて頂きながら1人目で入院してた時期の辛さがわかるわかる!!
    キラキラな妊婦もうるさい話し声も、寝られない辛さや、体の痛み、点滴で腕がボロボロ。
    我が家も1人目2人目とも主人が海外赴任の為産後まで孤独な戦いでした。
    今は上の子もいるので入院していられず無理矢理水分補給と横になってます。
    読みながらふふっと笑え久しぶりに笑った気がします。
    元気をもらいます、有難うございます。

    • こんにちは。コメント有難うございます。
      まずは妊娠おめでとうございます(*^^*)
      つわり本当に辛いですよね。体がしんどいと人の話し声や物音、車の音、ドアの開け閉めなど些細な事すら辛かったですね。
      上のお子さんが2人いる中でのつわりはより大変ですね・・・。起き上がらなければいけない時もあるでしょうし。
      私の体験談で笑っていただけて良かった(^^)
      主に私のTwitterつながりで募集して書いていただいた色々な方の体験談もありますので、是非見てみて下さい。
      私以外にもこんなに辛い思いをした方がいたんだと思ったら少し救われました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください