「つわり体験記8w」頭がおかしくなりそう。寝たきり生活の辛さについて書く

妊娠悪阻体験記を週数ごとに詳しく書いています。

前回の記事はこちら

「つわり体験記8w」家族に迷惑をかけて申し訳ないと思わないで。遠方の母を全力で頼った話

2015年12月30日

妊娠8週。一日何度もトイレに駆け込み嘔吐する。

ほとんど食事は出来ず寝込む生活(といっても気持ち悪くて眠ることは出来ない)

実母が何も出来ない私の世話の為に同居してくれることになったので、少し精神的に楽になりました。が相変わらず体調は悪い。

寝たきりになった妊娠8週のつわりについて書いています。

つわりをどこまで我慢すればいいか分からなかった

私のつわりは普通なんだろうか?

みんなこんなに辛いつわりに耐えているの?

妊婦検診の日まで我慢するべき?

初めての妊娠で自分のつわりがかなり酷い部類に入るとは、この時は分からなかった。

妊婦検診の予定日前だろうが、何度も吐いて眠れないほど具合が悪ければ病院に行けば良かったと今なら思います。

当時は多くの人が経験する「つわり」というものがどの程度か分からず、もう少し我慢しようと思ってしまいました。

このブログを読んでいる方、辛かったら1人で我慢せず家族に助けを求めて病院に行ってください。

寝たきり生活がどんなに辛いか書いておく

妊娠8週になるとほとんど一日寝たきりで過ごすようになりました。

お風呂に入れない。

顔も洗えない。

着替えられない。(だからずっとパジャマ)

もちろん食べられない。

 

横になって目を閉じると、嘔吐して疲れている時は昼でも夜でも眠れます。

つわりから解放されるのは睡眠中だけ。それでも人間ずっと眠っていられる訳ではなく数時間して目が覚める。

そして繰り返す悪寒、吐き気、頭痛、げっぷ、よだれ・・・

 

産むまでずっと眠っていたい。

もう意識を失いたい

 

妊娠中に意識を失いたいなんてこんな風に思う妊婦いるの?って今思うと正気じゃないと思う。

一日中(無理やり)眠っているので夜なかなか眠れない。誰も起きていない時間に1人苦しむのもまた辛い。夜な夜なトイレに駆け込んで吐いていた。

 

体を起こして座るのもしんどいですが、ずっと横になっているのもいけない気がして(そんなことはないのですが)頑張って起き上がります。

ソファーの背もたれに寄りかかり自力で座っているのが苦しい状態。背もたれがないイスには座れない。

スポンサーリンク

看病してくれる母のありがたさ

一度吐いてしまってから、もう吐き気のコントロールなんてすることは不可能になっていました。

始めのうちはトイレにかけこんで吐いていましたが、そのうち起き上がってトイレに駆け込む体力と気力が無くなり・・・

吐きそうになると、母が口元まで小さいゴミ箱をもってきてくれそこに吐いていました。(このゴミ箱はつわり専用です)

今思うと何なんだこの母娘の連携プレーは(笑)

この時食べていたのはみかんやグミだけなのに、それもすぐ戻してしまう。

吐くものなんてほとんど胃に入ってないのです。

 

母はそんな私を本当に一生懸命看病してくれました。

炊飯器を廊下に持って行って炊いたり、母が目の前で物を食べたりするのを見るだけで戻してしまうので廊下に出て食べていました。

テレビもつけられず、スマホもかまえず(私がスマホを見ると気持ち悪くなるため)ずっと苦しむ娘の側にいるのはどれだけ辛かったことでしょう。

ありがとう・・・本当にありがとう、お母さん。

どうして娘の為にここまでやってくれるのかと思っていましたが、出産後の今なら分かる気がします。

病院に行くことを決意する

もう、消えてしまいたいな

とにかく楽になりたい

赤ちゃんに会えなくていいからこの苦しみから解放して欲しいと思うようになってしまいました。(最低なのは分かります。しかしこれがつわりに苦しんだ私の本心です)

そんな私を見て母が、

「まだ次の検診まで日にちががあるけど早めに見てもらおう」

確かにほとんど飲まず食わずの状態でいましたから限界でした。

病院に行くことはもっと前から考えてはいたのですが、起き上がるのも辛い状態で病院に行くことが考えるだけで嫌だったのです。

 

シャワーをずっと浴びていなかったので、母に支えられながらバスルームまで行き、決死の思いで浴びました。

湯気が気持ち悪くてお風呂でも戻してしまいます。

つわりの時のお風呂とシャワーが辛い。私の体験談と対策

2017年10月10日

お風呂で初めて胃液を吐く。

なんか黄色いのが出た・・・と思ったら胃液だったようですね。

喉が焼けるように痛い。

 

産院は今の住まいから少し離れた場所にあり、移動はまた大変でした。

「つわり体験記」はこちらに続きます

「つわり体験記」ケトン体が出て妊娠悪阻で入院した話

2015年12月30日

つわり関連の記事を他にも書いています

つわりを和らげるおすすめの過ごし方紹介。実際にやってみた対策

2017年3月14日

つわりに点滴は効果があるの?吐き気止めは効く?実際にやってみた私の感想

2017年3月8日

2 件のコメント

  • はじめまして。
    「もう赤ちゃんに会えなくていいからこの苦しみから解放して欲しいと思うようになってしまいました。」
    この言葉を読んで泣きました。
    私は不妊治療を経て先日やっと妊娠したのですが、5週目からつわりが始まり、まだたった1週間程度のつわり(しかも気持ち悪いと言いながらスマホで「つわり」を検索しまくってる以上明らかにはなこさんより軽いのですが)で
    あんなに長いこと望んで望んでつらい思いまでしたのに、この妊娠生活を続けるのが苦痛でたまらない、解放されたい、でもそんなこと誰にも言えない、とおもっていました。
    そんなときここにたどり着きました。はなこさんの言葉で救われました。

    • はじめまして。
      妊娠おめでとうございます。妊娠されてすぐにつわりが始まったんですね。
      あの気持ち悪さ、吐き気は今まで経験したことがないもので私は正直パニックになっていました。
      特にピークの時期は生きているのすら苦痛で毎日泣いていて、想像していた妊娠生活とはかけ離れていたんですね。
      叶さんが思っていることは私も思いましたし、解放されたいと思うのは何もおかしくないですよ。
      今は生きているだけで十分頑張っていると思います(*^^*)
      一日でも早くつわりが治まりますように。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください