ブリタックのジュニアシートKID FIX II XP SICT口コミ。実際に使って安全性が高いと感じた理由

ブリタックスレーマーのジュニアシート「KID FIX II XP SICT」を購入しました。

そろそろ使用期間は半年を過ぎようとしています。

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、欧州のトップブランド。イギリスのジョージ王子もブリタックスレーマーのチャイルドシートを使用していたそうですよ。

チャイルドシートは国内ブランド(コンビ)を購入しましたが、正直頑丈さが全然違うなぁと感じています。

KID FIX II XP SICTは新商品であまり情報が無かったので、購入を検討している方に向けて詳しくレビューします。

KID FIX II XP SICTの外観

KID FIX II XP SICTは5色展開でしたが、新たにブラックシリーズが2色発売されたので7色展開となりました。

チャイルドシートでここまで色展開が多いのは珍しいですよね。特に国内メーカーはせいぜい2色展開がいいところでほぼ選べません。

ブリタックスレーマーKID FIX II XP SICTの外観

わが家は娘の強い希望によりWINEROSEを選びました。

ちょっと大人っぽい感じのピンクで成長してからも使えそうな色です。本人もとっても可愛いと喜んで使っています。

サイズは幅54cm×高さ67~85cm×縦39cm

幅54cmというのは、他社のジュニアシートに比べて5cm~10cm程大きい為子供がゆったり座れていて非常に良いです。

車種適合表はブリタックスレーマーの商品ページ下部からご確認ください。

ブリタックスレーマー公式サイトKID FIX II XP SICT

スポンサーリンク

KID FIX II XP SICTの機能を使ってみた私が詳しく解説

ブリタックスレーマーのジュニアシート最新モデルKID FIX II XP SICTを約半年使用した私が、使ってみて分かった機能の魅力を詳しく紹介します。

KID FIX II XP SICT基本的なスペック

対象体重 15kg~36kg

対象年齢 4歳~12歳頃

ISOFIX固定、シートベルト固定対応

XP-PADで衝撃を吸収する

KID FIX II XP SICTのXP-PADは特殊な形状をした衝撃吸収パッドです。

KID FIX II XP SICTのXP-PAD

こちらがそのXP-PAD。

シートベルトを挟むようにして取り付けます。

横から見るとかなりの厚みがあるのが分かります。凹凸のある面が外側に来るようになります。

触った感じは弾力がありふかふかしていて、子供は全く痛くありません。

KID FIX II XP SICTのXP-PAD装着画像

分かりにくいのですが子供がベルトを付けた画像です。ちょうど胸の辺りにこのXP-PADが来るような形になります。

事故衝突時にあごと首の動きを抑え、シートベルトだけの拘束時と比べて首にかかる力を最大30%減少させる機能があります。

衝突時には衝撃で体が前に押し出されるようになってしまいますが、XP-PADがその衝撃を吸収してくれるんですね。

子供に装着して見るとかなり胸の辺りをホールドしているように見えますが、これがあごと首の動きを抑えることに繋がるようです。実際に使ってみてよくあるジュニアシートのベルトカバーとは全く異なるように思います。

セキュアガード

KID FIX II XP SICTのベルト装着方法は少し変わっているので慣れないうちは戸惑うかもしれません。

私も最初は「あれ?」と思いましたが今では簡単に装着することが出来ます。

KID FIX II XP SICTのセキュアガード

腰ベルトが子供の骨盤を適切に拘束するように設計されています。

セキュアガードというのは上の写真のようなベルトの装着方法のことで、クロスさせるように装着します。

この機能により、不適切な腹部へのベルトによる圧迫を防ぎ、強い骨盤を拘束することで、
正面衝突時の腹部への傷害リスクを最大35%*軽減します。
*6歳児相当のQ6ダミーを用いたブリタックスレーマー社内テストにおいて

ブリタックスレーマー公式HPより引用

SICTで側面衝突から守る

KID FIX II XP SICTのSICT

SICTというのはこの写真に見える白い丸い部分。

しっかりとした素材なんですが、それもそのはずで側面からの衝突時にSICTが変形しながら衝撃を吸収する機能があるのです。

SICTはこのようにくるくると回して車の座席側面にぴったりとくっつけて設置します。

以前に使用していたチャイルドシートはこのような機能はなく、今思えば後部座席側面に衝突した場合子供を守るものがフレームのみだったので怖いですね。

事故は正面衝突だけではありません。車の側面に突っ込まれることも十分にあり得ます。

もしもの時に備えて少しでも子供を守れる確率をあげておきたいと思います。

頑丈なシートだなと感じる

KID FIX II XP SICTのサイドフレーム

こちらはKID FIX II XP SICTのサイド部分なのですが、以前使用していたチャイルドシートが国内メーカーだったからかその違いはすぐに分かりました。

明らかにコ○ビのシートよりも固い。フレームが頑丈。

やはりチャイルドシート(ジュニアシート)は海外メーカーの方が開発が進んでいるというのは本当かもしれない。

素人目に見ても40,000円越えのジュニアシートはやはり強固に作られていると思います。

ブリタックスレーマー公式 KID FIX II XP SICTの紹介動画です。

動画で見ると装着方法や取り付け方などイメージが湧きやすいと思いますので是非ご覧ください。

「KID FIX II XP」と「KID FIX II XP SICT」の違い

ブリタックスレーマーのジュニアシートで4歳から使用出来るものは2モデル。

KID FIX II XPKID FIX II XP SICTです。

私が購入したのは最新モデルのKID FIX II XP SICTですが、KID FIX II XPとの違いは何でしょうか?

それは先ほども紹介した側面衝突衝撃吸収機構「SICT」が搭載されているかどうかです。

こちらがKID FIX II XPですが、KID FIX II XP SICTとは価格が異なります。

約5,000円程安いのですが、正直ブリタックスレーマーのジュニアシートを検討している方は安全性の高さを求めている方だと思うので、間違いなくKID FIX II XP SICTの方がおすすめ。

ブリタックスのジュニアシート子供に乗り心地を聞いてみた

4歳の娘にブリタックスのジュニアシートの乗り心地はどうなのか聞いてみました。

ふかふかで座りやすいよ

頭のところが気持ちいいの!

KID FIX II XP SICTシートの触り心地

確かにこのジュニアシートはクッション性が高くふかふかしています。

ブリタックスジュニアシートのヘッドレスト

頭のところが気持ちいいとはおそらくヘッドレストのことですね。

見てください。この厚み!

頭部を守るためもあると思いますが、このヘッドレストのおかげで快適に座れているようです。

また、こちらはお子さんが寝てしまってもガクッと頭が倒れないように、しっかりホールドできるような構造になっています。

確かに、車でよく寝ていますがヘッドレストの中にすっぽり収まっています。

KID FIX II XP SICTの安全性について考える

  • XP-PADで衝撃を吸収
  • セキュアガードで腹部を保護
  • SICTで側面衝突時の衝撃を吸収

KID FIX II XP SICTのこれらの機能については私はとても満足しています。

ブリタックスレーマーの拠点であるドイツにはアウトバーンという速度無制限区間(!)の高速道路があり、そこでの走行に対応できる安全性の高いチャイルドシートを作っているそうです。

これだけ拘って作られているのも納得です。速度無制限区間では160kmでも後ろに渋滞が出来るほどだとか・・・。

正直、ブリタックスレーマーのジュニアシートは値段が高いです。

Amazonや楽天などでは10,000円以下や5,000円以下の価格帯の物が人気のようでレビュー数も多い。

created by Rinker
Joie(ジョイー)
¥9,800 (2019/07/21 19:03:37時点 Amazon調べ-詳細)

KID FIX II XP SICTは定価40,000円オーバーですのでもう全く違いますね。

ジュニアシートにどこまでお金をかけるかはそれぞれの家庭で違うと思いますが、子供の安全に関わる事ですのでわが家はKID FIX II XP SICTを選びました。高い買い物だとは思っていません。

車は何があるか分からないので品質の良いシートを子供に使わせたいと思っています。

欧州ではチャイルドシートの使用義務が日本よりも厳しい国がほとんどです。

日本でも安全基準を強化する為にヨーロッパの統一規格「ECE規則44号」を採用するようになりました。これを見ても分かるようにチャイルドシートでは日本は決して先進国ではないのです。

少々値は張りますが、ブリタックスレーマーは良い選択だと個人的には思います。

店舗よりも楽天で購入するほうがポイントが沢山付くので断然お得です。私も楽天で購入しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください