無印良品ヘクセンハウスを子供と一緒に作ってみた【画像大量】

無印で売っている生地からつくるヘクセンハウス

長女が「作りたい!」と言うので思い切って買ってみました。

子供と一緒に作りましたが、想像通り大変でいくつか失敗もしながらなんとか完成。

実際に作ってみて私はこう断言します。

時間と心の余裕があり、細かい作業が好きな方以外は気軽に手を出せる代物ではないと。

ヘクセンハウスのセット内容

こちらが私が購入した「生地からつくるヘクセンハウス」です。

パッケージの写真がたまらなく可愛い。

作ってみて分かりましたが、これはめちゃくちゃ上手に作られています。

セット内容です。

クッキーミックス、粉糖、サンタの砂糖菓子、ココアパウダー、抹茶、型紙、絞り袋、レシピカードがセットになっています。

レシピカードは写真付きで詳しく作り方が書いてあります。

自分で用意する材料はこのくらいです。

レモン汁が必要なのですが家に無かったので私は入れていません。

ヘクセンハウス作りでまずやるのは型紙を切ることです。

洋裁の型紙そっくり・・・この時点でかなり不安になる私。

型紙を切りました。

見て分かる通り、かなり細かいパーツが多いです。

スポンサーリンク

【不安】生地がうまくまとまらない

生地を作る前にバターを溶かし、そこに砂糖を入れて軽く混ぜます。

結構ジャリジャリしている。

そこにケーキミックスを入れて混ぜます。

レシピには「混ぜ合わせた後、さらに均一になるまで手で軽くこねます」と書いてありますが

パラパラで全然まとまらない。

手で「軽く」こねる位じゃレシピの写真のようになりません。どうしよう。

一緒に長女の手も生地でベッタベタです。そして早くも飽きた模様。

規定量よりかなり多めに牛乳を足してなんとかここまでまとめました。

 

そしてこの生地をココア生地用、抹茶生地用に分けます。

理想はこうなるはずでしたが・・・

現実はなんか汚くしかならない・・・。

もうこの時点で上手に出来る気がしません。

生地を完成させ冷蔵庫に入れる

分けた生地にココアパウダーと抹茶パウダーをかけて練りこみます。

ボールから出して両手でもみもみすると早く出来るかも。

生地をラップではさみ、それぞれ指定の大きさまでめん棒で伸ばします。

長女もこの作業は楽しくやっていました。

アイシングの加減が難しい

卵白と粉糖を混ぜてアイシングを作ります。

それぞれ使う分以外は調整用に残しておきます。

硬い場合は卵白を、緩い場合は粉糖を少しずつ加えて調整するようにレシピに書いてあります。

でもその調整が難しくて足して足して足して・・・となかなか満足に出来ない。

なんとか出来上がったアイシングを絞り袋に入れ、冷蔵庫へ。

本当の戦いはここから。型抜きをして焼く

最初に切っておいた型紙を生地の上に乗せ、型抜きをしていきます。

かなりのパーツがあるのでこの作業が一番大変だった。

えんとつパーツには竹串で模様を付けます。下手くそにしか出来ない。

冷蔵庫で冷やした生地も時間が経つとフニャフニャして切るのが大変。

こうなってしまったらまた冷蔵庫で冷やすらしい。

型抜きをして卵黄を塗りオーブンで焼きます。

焼けましたが壁パーツが少し曲がってしまいました。

先ほど竹串でレンガの模様をつけた(つもりの)えんとつ、ほとんど模様が見えない(涙)

上の写真は1回目に焼いたグループです。

この作業をあと3回繰り返します。

正直、もう投げ出したいと思いましたがやめることも出来ません。

計4グループをオーブンで焼きました。

もう私のHPはあとわずかしかありません。

一緒に作っていたはずの長女はいつの間にか逃げ出して夫や次女とテレビを見ています。

プレーンで焼くべきパーツをココアで焼いてしまったり、色々と失敗してしまいました。

いよいよ組み立てます

アイシングを付けて組み立てます。

私は絞り袋の口を大きく切り過ぎてしまったみたいでアイシングが大量に出てくる。

いつ崩壊するのか不安になりながら組み立てます。

それでも今までの作業が淡々としていただけに、組み立て作業はなかなか楽しいです。

長女も一緒に飾り付けします。

小さい子供は長丁場すぎて飽きてしまうので、飾り付けから参加の方が良かったかも。

クオリティは高くないけれどなんとか完成しました。

えんとつの角度が明らかにおかしいがもういい。

完成出来ただけで私は満足よ。

アイシングが割と早く固まってくるので急いでいたら雑になってしまった。

子供が大喜び。お菓子の家を食べたよ

パッケージみたいに上手には出来なかったけど子供は大喜び。

出来上がったのを見るとやっぱり達成感はありますね。

容赦なく解体していく娘。とっても嬉しそうで頑張って作って良かった。

結構ポリポリしていて固めでした。

味は普通に美味しいです。

家族で半分くらい食べた頃、ふと思い出しました。

あ・・・サンタ忘れてた。

箱の中に入れたまますっかり忘れてそのままになってました。

完成まで3時間半くらいかかったのに最後の肝心な飾りを忘れてショックです・・・。

 

パッケージに書いてある作業時間の目安は180分ですが、私はそれ以上かかりました。

1人で集中してやればもっと早く出来たかもしれませんが、子供と一緒だとそうはいきませんね。

  • 時間の余裕がある
  • 細かい作業が好き

こんな人なら楽しく作れると思う。

無印に行って「可愛い~簡単に出来るかな?」と思って買ってはいけない。

簡単には出来ません。

そして細かい作業が嫌いな人には絶対おすすめしません。

 

私は午後から作り始めたのですが、完成したあと夕飯を作る気力が無かったのでデリバリー頼みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください