「私たちはどうかしている」昼ドラ級ドロドロとサスペンスが面白い

少女漫画でこんなにドロドロしていていいの!?

昼ドラ風のドロドロでもあり、金田一風のサスペンス描写があったりと、こんなにハラハラする少女漫画は珍しい。

大人も十分にドはまりする可能性がある人気漫画のあらすじと感想を紹介します。

※ネタバレしていますので、未読の方はご注意お願いします。

舞台は老舗の和菓子屋。冒頭で起こる殺人事件

主人公の七桜(なお)は5歳の時、和菓子職人の母が住み込みで働くことになった老舗和菓子屋「光月庵」で、跡取り息子である椿と出会う。

椿は七桜のことを「さくら」と呼び、2人は幼馴染としてとても仲が良かった。

しかし、とある日、七桜は信じられない光景を目にする。

椿の父親である、光月庵の旦那さま(椿の父)の部屋・・・

雷に照らされて立ち尽くす椿の横には・・・

 

大量の血を流し横たわる旦那さまの姿が。

 

そして、椿は父の部屋から七桜の母が出てくるところを見たと証言。

七桜の母は殺人容疑で逮捕され、七桜は光月庵を追い出されることになった。

スポンサーリンク

和菓子職人となった七桜が出会ったのは・・・

七桜の母は殺人容疑で逮捕され、無実を訴えたまま裁判中に亡くなった。

そして事件から15年後、七桜は母と同じ和菓子職人になった。

贔屓にしてくれていたお客様の、「結婚式の引き出物の御菓子をお願いできないか?」と話をもらった七桜。

七桜と金沢の有名和菓子屋とで、御菓子を比べて引き出物を決めたいと言う。

その和菓子屋が、「光月庵」だった。

事件の真相を明かす為、愛のない結婚

光月庵で七桜は、15年ぶりに椿と再会する。

母が逮捕された時に証言をした椿。

しかし、七桜は苗字が変わり、「さくら」と呼ばれていた為か、椿は七桜だと言うことに気が付かない。

結局、出来レースのような感じで引き出物の御菓子は光月庵に決まり、七桜は落ち込みながら帰ろうとする。

その時、椿が七桜の手を掴み・・・

ねぇ あんたさ

俺と結婚しない?

えっ!??

いきなり、告白。

まったく何の前触れも無かったけど??

いいよ

しましょう 結婚

七桜、即答。

こんなに全くときめかないプロポーズ、今まで少女漫画にあっただろうか・・・?

七桜は15年前の事件の真実を見つける為、椿と愛のない結婚をしようと決める。

女将の顔面がもはやホラー!七桜いじめがえげつない

光月庵に入り、椿の嫁として生活するようになった七桜。

このまま順風満帆に行くはずない!(汗)

だって、光月庵の若旦那を殺した女の娘ですからね!(真実かどうかは置いといて)

素性を隠してはいるものの、七桜のことをよく思わない人間がほとんどで・・・あんた、よくこの中に入っていこうと思ったなと読んでいる方がドキドキする。

そして、一番敵意をむき出しにしてくるのが、椿の母である光月庵の女将。

 

いや・・・本気で顔が怖い!

あんたのその顔が本気で怖いよ!

 

七桜に嫌がらせ(というレベルを超えている)をした時に、ニヤァ・・・って笑った顔、怖すぎるから!

この女将の顔がホラーすぎて夢に出そう。

どんどんやる事がエスカレートしてきて、犯罪の域に入ってきているのでこの先がすごく心配。

大旦那は感情の起伏が激しすぎる

光月庵の大旦那(椿の祖父)は病気を患って、療養中。

いつもニッコリと笑っている優しそうなおじいちゃん・・・・だったのに。

突然激高したと思ったら、椿や七桜を罵倒したり、茶碗を投げつけたり、やりたい放題(笑)

めちゃくちゃ元気そう

息子を殺されてからおかしくなってしまったのかな?

大旦那の闇もかなり深そうで、この先どう絡んでくるのか楽しみですね。

深まる謎と伏線の数々

※以下、かなりネタバレあり

恋愛というよりは、サスペンス色が強めなこの漫画。

伏線もかなりの数はられていそうで、また謎も多い。

  • 旦那様を殺したのは七桜の母か?
  • 七桜の職場に嫌がらせをした人物
  • 七桜に母が書いた「私は何ももやってない」という手紙
  • 椿の親子関係
  • 大旦那様の病気に付いて
  • 七桜の母について

私が気になっている部分をあげてみました。

これらを全部これから解き明かしていくのかな?

そして、事件の影響で赤い色を見るだけで動悸がしてしまう七桜。

和菓子職人として、「赤」が使えない致命的なハンデを背負っていますが、これが克服できるのか?も注目ですね。

男性が読んでも面白い!和菓子の世界も興味深い漫画

面白くて一気読みしてしまうこの漫画、

少女漫画ですが、女性だけでなく男性が読んでも楽しめますよ~!

ドロドロの愛憎劇やサスペンスが好きな方は特におすすめです。

七桜と椿の関係がどうなっていくのかも見ものですね。

また、和菓子屋が舞台と言うことで、かなり取材をされて書いていらっしゃるようで、興味深いです。

そして・・・お菓子が本当に綺麗で美味しそう。

作者の安藤なつみ先生は、なかよしで連載を長くされていた方で、懐かしい方も多いかもしれません。

私は「ツイてるね聖ちゃん」や「スマイルでいこう」を読んでいたので、めちゃくちゃ懐かしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください