読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちびドラマーチ

神奈川在住の1児の母です。妊娠期間の半分以上、本気で苦しんだつわりのこと。子育てのこと。大好きなドラマのレビュー書いています。

『つわり体験記』妊娠13週目血液検査で倒れました

つわり体験記 つわり体験記-妊娠初期

スポンサーリンク

妊娠13週 妊婦検診での血液検査

f:id:ppp2500:20160216124127g:plain

久しぶりに自宅へ帰ってきました。

しかし旦那と会って、もしかしたら少し良くなるかもというような夢はすぐに崩れました。
相変わらず、つわりはひどく吐きまくりの日々です。なんだよ!自宅に戻れば良くなるかもとうっすら期待していたのに(涙)

つわりのばかーーー!
本当につわりのばかーーー!!

旦那は有給を取って数日は家にいてくれたのですが、これから会社に行っている間は1人でどうしよう…という心配がつきまといました。
信じられないかもしれませんが、一人で家にいるというのは健康な時には考えられないくらいの不安が襲ってくるのです。

帰宅後、初めての妊婦検診へ


帰宅後はすぐに妊婦検診に行っきました。

旦那に付き添ってもらわなければ家を出ることも出来ない状態だったので仕事を休んでくれて本当に助かりました。
せっかく土日を避けて平日を選んだのに、相変わらず激混みの産婦人科。
とにかく人!人!人!でもう、人を見るだけで吐きそう。

何とか一人分だけ座るスペースがあったので、旦那が見つけてくれて座らせてくれました。
そして待合室で隣になった、妊婦の付き添いの旦那らしき人に殺意を覚える。
こいつのつけてる香水がくせーのなんのって!
しかもこんなに混んでいるのに大股開いて座っていて他の妊婦さんは立っていました。

産婦人科に香水って必要か!?つわりがある妊婦もいるかとか考えられないのか。あんたの嫁は平気かもしれないけどこっちは臭いんだよ。つけるにしても限度ってあるだろ。
もう少し動くたびにむわーーーんとバニラ系の甘い香りが香ってきて地獄でした。

たまに聞くけど意外といますよね、混んでいても付き添いの旦那さんが座ってたり沢山の荷物を椅子に置いている方。
空いていたら全然隣に座っていればいいと思うけど、混んでいて妊婦さんが立っていたら代わってあげようよと思います。
自分の旦那がそんなことしていたら、正直ちょっとがっかりするけどなー?

本当にこの本を読んでもらいたい。

いざ、血液検査へ

この日は血液検査がありました。
もうね、不安しかなかったのよ、大量に抜くことは分かってたからね、事前情報で。
妊婦検診の血液検査は1本や2本じゃないってさ。

フラフラの状態で検査室に行き、注射をしてもらおうと腕を出したがチューブで縛っても血管が出てこない。
いつもは割りと見つけやすい方だが、どうやらつわりで弱っているので血管が細くなっているようです。
やっぱり!と思っていたら、つわりの酷い私を検査技師の方も憐れむような目で私を見つめる。

なんとか頑張って血管に刺してもらったのだが、思うように血が入っていかない。血に勢い(?)がなくて全然取れないの。
やはり弱っているので量もとれないらしいです。
途中からはもう完全に止まってしまって、規定の量が取れないので仕方なく反対の腕からもとってもらいました。
それでも少し量は足りないみたいだったけど、これ以上は心配だと言われてやめてくれたのでありがたかったです。

はぁ~、やれやれ・・・。

やっと終わったと思い、イスから立ち上がろうとしたら


あっ!立てない!

と思ったのと同時に倒れてしまった。


検査技師の方がびっくりしてすぐに起こしてくれたが最早、自力では立つことが出来ない。
駅伝とかでよくあるような感じのを想像してもらえれば早いと思います。脱水症状起こして立ち上がれなくなるやつです。

f:id:ppp2500:20160210114459j:plain

生まれたての小鹿状態。

騒ぎを聞きつけて看護師さんがすぐに来てくれました。
小鹿の私は車イスに乗せられて検査室から運ばれていった。どなどなどーな。小鹿をのーせーてー。

頭もフラフラしていて廊下を通るときに待合室にいる旦那がチラリと見えたが、とてもじゃないけどそんな元気はもうなくて声をかけられなかった。

赤ちゃんの生命力に感動した日

看護師さんに介抱され、病室に移動してしばらく休みました。
本当にショックだった…。
今までは超が付くほどの健康体で倒れるなんてこと一度もなかった。そんな私が血液検査をした位であんなにフラフラになって倒れてしまうなんて驚きでした。
自分の体じゃないみたいにどんどん具合が悪くなっていったので不安で仕方ないのです。

しばらく休んで歩けるようになったので待合室にもどりました。旦那に事の経緯を話しましたが、何故かそんなに心配していないようす(?)
たぶん私が倒れた時の様子を実際に見ていないからなのかな。
それから主人としばらく待って、やっと診察室に呼ばれました。この時で病院に着いてから3時間ほど経過していたと思います。

診察を受け、エコーで赤ちゃんを見せてもらうと前回よりすごく大きくなっていました。

びっくり!こんなに私は具合悪いのにこの子は元気だ。なんて凄いことだろう!!

すでにピクピク動いている様子を見て心から可愛い…とそう思いました。つわりで苦しんでいる時は中々可愛いとは思えなかったけど、今赤ちゃんの様子を見て可愛いと感じる自分にもすごくほっとしました。
それにしても生命力が強い。母体はこんなに弱っているのに元気に動いている。
赤ちゃんって強いんだな~。

今回もケトン体は出ていなかったし、経過はいたって順調のようです。

続きはこちらです。
ppp2500.hatenablog.com
つわり中に食べれた食べ物と飲み物の紹介
www.tsuwari-hanako.com