離乳食にブレンダーは必要?使用期間や使用例、おすすめを紹介

離乳食は可愛いわが子に始めてあげるご飯。

私も栄養のある美味しいご飯を食べさせてあげたいと、離乳食の本を読んだり、ネットで情報収集をしたり頑張りました。

お鍋でコトコト煮てお粥や野菜ペーストを作り、すり鉢ですり潰し、最後に裏ごしをする。でも、これがもの凄く手間と時間がかかるんです。

子供の世話をしながら作るので、なるべく早く作りたいのに上手に出来なくてイライラすることも・・・。

「離乳食作りをもっと楽に、早くしたい!」

と思い思い切ってブレンダーを購入したら、めちゃくちゃ楽だったんです。

ブレンダーを買おうか悩んでいる方に私は是非おすすめしたい。使用期間や使用例を詳しく紹介しています。

そんなのいいから手っ取り早くおすすめのブレンダーが知りたいと思う方、こちらが私のおすすめです。現在わが家で使っているもので、性能は申し分ないです。

スポンサーリンク

ブレンダーを使う期間はどれ位?

f:id:ppp2500:20170312225356j:plain

離乳食は月齢や進み具合によって大きく分けで4つのステージに分かれています

  • ゴックン期
  • モグモグ期
  • カミカミ期
  • パクパク期

ブレンダーを使うのは主に、ゴックン期・モグモグ期の頃です。(わが家はカミカミ期でも多少使用しました)

離乳食で使用する期間で言うと3~4ヵ月位です。

これを短いと思うか長いと思うかは人それぞれですが、私は本当に買ってよかったと思っています。

ブレンダーのポテンシャルが高すぎて、買わなければストレス指数・疲労度ともに格段に増えていたことは間違いありません。

ブレンダーを使うメリット

ブレンダーを使うメリットは私が思うにこの4点だと思います。

  1. 調理が早く終わる
  2. 作る人の疲労が軽減される
  3. 手動よりもかなり滑らかに仕上げることが出来る
  4. 離乳食作りが楽になる

もうとにかく「ブイーン」と数十秒ブレンダーを使えば一発です。

手動ですり鉢でゴリゴリやってたのが嘘みたいです。すぐに終わるし、力も必要ないので全然疲れません。

手動よりもかなり滑らかに仕上がるので、娘が喉につっかえて「おえぇー」となることもありませんでした。

ブレンダーを初めて使った時の感動は今でも忘れられません・・・。

夜泣きが酷く睡眠時間も削られる中で離乳食をせっせと作るのはかなり負担でした。でも、これを使ってからはとても調理が楽になり買わなかった数日間を恨みました。

そして何より大きいのが離乳食作りが楽しくなったことです。

予想以上に大変で嫌気がさしていましたが、ブレンダー投入で色々なメニューに挑戦する意欲も出て来て、離乳食を作るのが楽しくなりました。娘にも私にもいいことづくめです。

ブレンダーを使うデメリット

ブレンダーを使うデメリットは私が思うにこの3つだと思います。

  1. お金がかかる
  2. ブレンダーの刃にこびりつく洗い物が面倒くさい
  3. 場所をとる

安いものは2000円台からあるとはいえ、お金がかかるのは事実です。

あと、お粥とかは結構ブレンダーの刃にこびりつくので洗うのが面倒くさいです。スリムとはいえ、それなりには場所をとります。

ブレンダーはどんな離乳食に使えるか?

f:id:ppp2500:20170303214603j:plain
  • お粥
  • 野菜や果物のペースト
  • みじん切り
  • スープ

離乳食初期のモグモグ期ではお粥作りが断然楽になりました。

野菜や果物のペーストもブレンダー使えば本当にすぐ出来ます。沢山作ってフリージングしておけば楽勝でした。

これをゴリゴリすり鉢でしていたら・・・たぶん私、疲弊してます。

あとは、かぼちゃのスープは娘が大好きなのでよく作ります。離乳食だけじゃなくて大人のメニューにも使えるのでうちでは今も出番が多いです。

ミキサーじゃだめなの?ブレンダー買わなきゃだめ?

ミキサーでももちろん大丈夫です。いけると思います。

わが家にもプレゼントでいただいた立派なミキサーがあるのですが・・・、

デカい!重い!洗うの大変!

キッチンがあんまり広くないので、スケールや保存容器等々並べるとあっと言う間にいっぱいになるので、場所をとらないブレンダーを買いました。

ミキサーでもいいのですが、離乳食ってそんなに量もないしお手軽に出来るブレンダーの方が使い勝手はいいと思います。

ブレンダー使用例:わが家のスピードお粥作り

私がブレンダーを主に使ったのはお粥作りの時です。

お鍋でコトコトするのが私には合っていなかったようで、まずレンジで簡単におかゆが作れる「おかゆクッカー」を買いました。

これ、本当におすすめです!

速いです!楽です!

お粥の味は・・・お鍋もお粥クッカーも食べたけど違いは私には分かりません(笑)

私は便利でしたが、合う合わないがあるのでお粥クッカーを使わなくても、お鍋で煮たり炊飯器で炊いたり色々やり方はあるので自分にあったものを選べばいいです。

お粥にした後、米粒が無くなるまですり鉢で潰さなければならないので、ここでブレンダーを使います。

おかゆクッカーで10倍がゆ(600W5分レンチン)

f:id:ppp2500:20161026110802j:plain

チンして出来たお粥をブレンダーの容器に移して一気にブイーン!で滑らかになるまでしたら完成です。速いです、マジで速いです。

全て手作業でやった場合、お米をお水に浸してから煮てすり潰すまで、だいたい1時間はかかっていたのが、お粥クッカーとブレンダーでものの15分位で完成です。

(お粥クッカー5分レンチン+10蒸らし+ブレンダー)

ブレンダー10秒使用後

f:id:ppp2500:20161026111231j:plain

はい!出来ました~~~~~!!

10秒ですよ?このトロトロ感がたったの10秒!!

f:id:ppp2500:20161026111537j:plain

見て下さい!見て下さい!

こんなにトロトロです~~~~!!

ほんの初期ならさらに裏ごしすれば完璧ですね。

ここまでトロトロにするのは手作業だとかなり手間と時間がかかります。ブレンダー使えば10秒で出来ますから、楽ちんですよ。

手作業でゴリゴリすり潰していた苦労が無かったように、離乳食作りが楽になりました。

ブレンダー使用例:ほうれん草のペースト

お粥以外にも野菜のペーストが簡単に出来ます。今回はほうれん草のペーストを作ります。

f:id:ppp2500:20170201114837j:plain

柔らかく茹でたほうれん草の葉の部分を細かく切ってブレンダーに入れます。野菜は水分が少ないと上手にペーストにならないので、だし汁等を少し一緒に入れて下さい(その方が仕上がりが滑らかになります)

ブレンダーでぶーんと10秒したものがこちらです。

f:id:ppp2500:20170201114822j:plain

初期の頃ならもっとドロドロがいいと思うので、ゆでた後にみじん切りにして+もう10秒位すれば繊維感のない滑らかなペーストが出来ます。

スポンサーリンク



おすすめのブレンダー、自分に合った値段と機能を選ぶ

私が最初に購入したのは、3000円ほどの安いブレンダーです。

ミキサーがあるし、そんなに高いのはいらないだろうと選びました。これでも十分役割を果たしてくれています。

ブレンダーを離乳食でしか使わない方、ブレンダーの機能に疑問のある方はとりあえずお安めのものを買って様子見するのがいいかと思います。

ブレンダーを買ってみてすごく良かったので最近、更に高性能なものを買いました。

こちらは、一台4役使えるところが最大の魅力です。上のものより「泡立てる」機能がついています。

「泡立てる」機能で、生クリームもすぐに作ることが出来ます。お菓子作りにもすごく便利です。

さらに、食材によってスピードを変更することが出来、操作性もこの位の価格帯の方が断然良いです。

離乳食以外でも使いたいと言う方はマルチクイックMQ735をおすすめします。

離乳食はブレンダーでぐんと楽になる

f:id:ppp2500:20170312231758j:plain

「ブレンダーって離乳食に必要?」

と聞かれたら私は迷わず「迷ってるなら買って損はないよ」と言ってます。

確かに離乳食で沢山使うのは数か月かもしれない。

でもその数か月って、今まで寝ているだけだった赤ちゃんがお座りしたりハイハイしたりして、目が離せないしママが見えないと泣くしで忙しい。

そんな時は文明の利器に頼って、どんどん楽をしていきましょう。楽することで、心の余裕も時間の余裕もぐっと増えます。

どんな風に作ろうと愛情なんて変わりません。

ブレンダーを使って時短して、空いた時間はお子さんとゆっくり遊んであげてくださいね。

こちらの記事もおすすめです

離乳食作りで揃えたいおすすめ調理道具、私が実際に使って良かったものを紹介

2017.03.02

妊婦さん、乳幼児のいる家庭にパルシステム(生協)をおすすめする5つの理由

2016.11.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA