イクメンが嫌いなんて人間にはなりたくない/好きか嫌いか言う時間を見た

TBSの「好きか嫌いか言う時間」という番組を見ました。

www.tbs.co.jp

その中で「イクメンは好き?嫌い?」という問いかけがあり、その放送内容にかなり違和感を感じました。

私はイクメンって凄くいいと思います、好きです。旦那を見ていてとても助かっている部分もあるし、娘にとってもとても幸せなことだと思います。だから私はイクメンが嫌いなんて人間にはなりたくない。

賛否両論あることは分かっていますが、育児中の身として気になったので私の感想を書きます。

スポンサーリンク

イクメン=育休を取る男性ではない

まず一番違和感を感じたのが、番組での問いが「イクメンは好き?嫌い?」と言うものなのに対し番組内での議論が「育休をとる男性は好き?嫌い?」にいつの間にかすり替わっていた点です。

イクメンとは、育休を取る男性のことだけを指すのではないと思います。育児をするメンズであって育休を取得するメンズではないですよね。確かに、その中には育休をとるメンズというのも含まれていると思いますがそれが全てではない。

追記

イクメンとは育児を楽しみ、自分自身も成長する男性のこと

「イクメンプロジェクト」サイトを開設しました|厚生労働省

※厚生労働省のイクメンプロジェクトサイトにはイクメンの定義がありました。

わが家の旦那は育休をとっていませんが、休日や早く帰った日は娘の面倒をよく見てくれますし、娘もとても懐いており私はイクメンだと思っています。

育児に積極的に参加する、参加したいという考えの男性をイクメンと呼ぶことで間違いではないのですよね?

しかし、この番組では街頭インタビューでさらっと問いに関して触れたきり、ほとんどの時間が「男性の育休取得」というテーマにすり替わっていたことに違和感がありました。

確か、好きの方が嫌いをかなり上回っていたにも関わらず、発言されたのは嫌い派の意見ばかり。情報操作じゃないの、これ。

旦那の給料で全てを賄えというのは何も知らない化石の考え

  • 男が外で働いて女は家庭を守る(20代男)
  • 旦那の給料で全てを賄え、出来ないのは甘え(70代女)
  • イクメンが増えると日本は滅亡する(デヴィ夫人)
  • 男が家にいると邪魔(YOU)

イクメン嫌い派の意見はこんな感じでした。

私はこれを見て、お・・・おぅってなってしまいました。だって言ってることがあまりにもとんちんかんだと思いませんか?

特に70代の女性が言った、「旦那の給料で生活しろ」という衝撃発言です。この方はニュースや新聞を全く読まないのでしょうか?もう考えが数十年前のまま何も変わっていない化石のようだなぁと失礼ながら思ってしまいました。

多くの共働き家庭が、「旦那の給料だけでは生活が苦しい」、「子供の教育費、家のローンの為」など仕事を手放せない状況なんです。いつ景気が悪くなるか、倒産するか分からない状況で二馬力が必須と考える家庭が多いのです。

確かに、旦那の稼ぎだけで生活が出来て、家のローン・教育費など賄える算段がつく家庭は専業主婦で女性が子育てを全てするのもアリだと思います。

しかし、そんな裕福な家庭はほんの一握りです。平均給与を見ればそんなこと分かると思うのですが、それを・・・昭和の頭のまま発言されましても。思考が停止しちゃってますね。

こんな事を言う舅姑だったらすごく大変だろうなぁと思いました。

育休を取ることに対して冷たい世の中にはなりたくない

育休取得した二人の男性が出ていて、色々と聞かれていました。

それに対して芸能人があれこれ質問していたのですが、その質問の仕方があまりにも嫌悪感に満ちていてうへぇ・・・ってなりました。

  • 会社に戻りにくかったり、出世に響いたりしないのか?
  • 周りの反応はどうか?
  • 子供のお世話ににそんなに人手が必要か

質問が出るのは育休を取得したことに対するデメリット(になるような)質問ばかりでした。育休を取得して良かったことはほとんど聞かれずに、なんだか攻撃されているようにも感じました。

これって意図的にあんな風に作ったとしか思えません。男性の育児休業=悪というのを電波を使って刷り込もうとしているのか?と深読みしてしまいます(汗)

何故、育休を取ることのメリットも放送しないのだろうか?二者択一ならどちらの面も取り上げなければおかしいと思う。

「会社の人が迷惑する」というような意見もありましたが、それは会社側が取る対策であって本人に言うなよ、そういう制度がある以上使えるなら使うでしょう。

確かに同僚に迷惑がかかるとは思うけど、他の人が取得するときには同じようにかぶるわけだしそこを気にしていたら何もできない。こういうことを平気で言う人って女性の育休にも同じように思っているんだろうなぁと思って少し寂しい。

男性も育児休業を取得できる環境なのだったら何か問題でも?評価や出世にもし響いたとしても(良くないけど)それは本人の決めたことだから別にいいじゃないか。

女性の方が取得しにくい環境にあって、男性が取得出来るのであれば、取得出来る方が取ればいいから男とか女とか言っている場合ではない。

男女とも半年ずつとって育休取得を計1年にするというやり方もあるだろう。両実家遠方なら二人で何とか乗り切ろうとするのは当たり前のことだと思う。

そこまで目くじらを立てて否定することだろうか?育休に難色を示していた芸能人の方たち、なんか物凄い顔してましたよ。本当、鏡で見せてやりたいくらい。

男性であれ女性であれ育休を取ることに対して冷たい世の中にはなりたくない。

子供が可愛くてお世話しないなんてもったいない

旦那がよく言うセリフです。

子供はすごく可愛い、お世話しないなんてもったいない

出来る限り何でもしてあげたい

一緒に過ごすと幸せだし仕事も頑張ろうって思える

これを初めて聞いた時は本当に感動しました。

旦那と娘が仲睦まじく遊んでいる様子を見て、本当にこの人と結婚して良かったと思う瞬間でもあります。

仕事が遅くなって、帰宅して娘がもう寝ているとすごくがっかりして、寝顔を溶けそうな顔でにやけて見ています。

男性の育休取得はまだまだ難しいと思います。したいと思っても会社が認めなければ出来ないと言うケースも多いでしょうね。これから増えてくるとは思うのですが・・・、娘が大人になるころは増えていて欲しいなと思います。

育休が取れなくても、平日の夜とか休日とか子供のお世話を一生懸命する旦那さんは十分イクメンです。出来る範囲でいいのです。何も心と体に支障が出るほど頑張れなどとは誰も思ってません。それぞれが家庭の状況を考えて、自分自身でどこまで出来るか考えればいいんじゃないでしょうか?

うちの旦那は帰りが遅いですが、二人で協力して何とか子育てをしていると思いますし、私はとても感謝しています。

子供のお世話すごく楽しいです。でもずっと一人で面倒を見ていると落ち込んだり、イライラしたりすることもそりゃああります。そんな時に旦那が代わってくれたり、娘と遊んでくれると私の精神も回復してきます。

イクメンって悪いところは別にないですよね?良いことだらけだと思うのは私だけでしょうか?

どの位育児をするかは各家庭によって違うと思いますが、今しか出来ない子育てを満喫してみてもいいかなと思います。

こちらもどうぞ

妊娠中の夫の言動を私は一生忘れない

2016.09.26

つわり中の妻をどうサポートする?サポート方法と夫がしてくれて嬉しかった事

2017.03.04

4 件のコメント

  • こんばんはー(^^) いつも励ましのメッセージありがとうございます♪
    番組は見てないけど、現実、制度の充実とは裏腹にあまりこころよく思われてない実感はあります。
    たしかに短期的にはただ抜けるだけだから迷惑以外の何者でもないですよね…社員の気力充実が長期的にどう会社にいい循環をもたらすか、実証しなきゃいけないんだろうな…しんどいけど

  • おやこさん
    コメントありがとうございます!
    女性でも肩身が狭い思いをすると聞きますので、男性なら尚更そう感じるかもしれませんね。
    でも家庭にはそれぞれ事情があるし、制度が使える状況なら使うべきだと思います。確かに、迷惑かもしれませんがそれはお互い様だし、会社側も分かって了承しているでしょうし・・・。
    まだ始まったばかりだから、会社側のメリットは理解しにくいかもしれませんが、今後どう変わるか気になります。

  • はなこさんに同感です!!てか、お金も子育てする環境も何もかもがここ数年で大きく変わりました。世間ではまずそこの理解がされないといけないのでしょうね。
    確かに育休が会社に迷惑をかけるという意見があり、そこも理解はできます。しかし、このまま少子化が続けば、30年後には日本のGDPはナイジェリアに抜かれるとも言われているので、少子化対策に理解出来ない企業や人は日本に迷惑をかけているともいえるのでは。。。

  • ナース・ミント (id:stellacafe7)さん
    コメントありがとうございます!
    世の中の色んなことが変わっていくのに、子育てに関しては数十年前と変わらないまま・・・では困るんですよね。
    育休を嫌がる会社が沢山あるのは分かりますが、母親一人の力ではもはやどうしようもない場合があることに早く気付くべきです。
    確かに日本のGDPは下がり続けていますもんね、育休推進企業に有能な人材が集まるようになれば、他もならっていくのでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA