つわり中の妻をどうサポートする?サポート方法と夫がしてくれて嬉しかった事

妊娠すると間もなくやってくるのがつわりです。

つわりという言葉の認知度はそれなりに高いと思いますが、つわりの症状や過酷さなどは意外と知られていません。

私は酷いつわりに苦しみましたが、妊娠する前はこんなに辛くて苦しいものだとは知りもしませんでした。

『つわり体験記』つわりが始まったのは妊娠6週目、私が最初に感じたのは軽い吐き気だった

2015.12.28

当事者である女性でも、経験するまではよく分っていないのですから、男性はもっと分からないことだらけだと思います。

そんな未知のつわりが分かる豆知識と、つわり中の妻のサポート方法をご紹介したいと思います。

読めばすぐ分かる、つわりの豆知識

f:id:ppp2500:20170303211759j:plain
  • つわりの辛さは個人差がある
  • つわりの期間が個人差がある
  • つわりには数種類の症状がある
  • 眠れない、頭痛、げっぷが出るなどの症状もある
  • つわりには特効薬は存在しない
  • 吐きすぎると胃液や胆汁も吐く(喉が切れると血も吐く)
  • つわりが酷くなると入院することもある

ちょっとびっくりしてしまいましたか?

つわりは病気じゃない=大したことはないと思っているのなら、それは違います。

私は20数年の人生のなかの出来事で、つわりが断トツで辛かったことNo1に輝きます。

つわりが辛い!つわりを男性や未経験女性にも分かるように説明する

2016.12.14

では、そんな妻を夫はどうサポートしていくべきでしょうか?

自分のご飯は自分で用意してくれると嬉しい

妊娠前に料理担当がどちらだったかなど関係なしに、是非頑張ってほしいことはご飯の用意です。

つわりになると食べ物を見ることも、触ることも、想像することでさえ気持ち悪くなります。この状態で料理をするとなると吐きながら台所に立つ・・・ということになる可能性もあります。

疲れて仕事から帰ってきて、

「俺のご飯は?」

と言いたくなる気持ちもよく分りますが、奥さんがつわりで体調が悪い場合はご飯の用意をしてくれると嬉しいです。

吐いて吐いて吐いて・・・苦しんで寝込んでいる時に「俺のご飯は?」と言ってしまったら大喧嘩になってしまう可能性もあるので注意です。

つわりで偏食になることを理解して、協力して欲しい

f:id:ppp2500:20170303213150j:plain

つわりには、吐きつわりと食べつわりがありますが、どちらも共通しているのは「気持ち悪い」「偏食になる」ということです。

パンは食べられるけどご飯は無理。とかスープは飲めるけど味噌汁は無理。とかトマトと苺しか食べれない。とか妊婦さんによって様々ですが、NG食品がどんどん増えます。

しかも昨日は食べられたけど今日はダメ。とか日によっても違ってくるのです。

これは、ワガママで言っているのではなく本当にそれしか食べられなくなるのです。本人も必死で食べられるものを探していますから、理解してあげてください。

そして、奥さんが寝込んで買いに行けなければ是非買ってきてあげて下さい。

つわり中は、まず食べられるものを何でもいいから口にするのが何より大事です。奥さんとお腹の赤ちゃんの為に、ひとっ走りスーパーやコンビニに行けるのはあなただけです。

どうしても買い物が難しい場合は宅配やデリバリーに頼るという手もあります。

妊娠中つわりが辛い時こそデリバリーと宅配を最大限活用しよう!

2017.01.12

冷蔵庫を開けられないは嘘じゃないよ、開けて下さい

f:id:ppp2500:20170303214603j:plain

「冷蔵庫が臭くて開けられないから開けて」

こんな風に奥さんに言われたことありませんか?意味分かんないですよね、冷蔵庫が臭いって何だよと思ったりしませんでしたか?

つわりには、においつわりというものがあります。食べ物のにおい、香水のにおい、人の体臭などありとあらゆるにおいが臭くて、それを嗅ぐだけで吐いたりします。

冷蔵庫のにおいは中でも強敵なんです。冷蔵庫が臭いというのは嘘でも冗談でもありません(笑)

旦那さんがいる時は、奥さんが欲しい飲み物など積極的にとってあげてください。

においの強いものを近くで食べないで欲しい

奥さんの具合が悪いから自分のご飯は自分で用意した。

ニンニクたっぷりの餃子に唐揚げにチャーハン!それからビール!

ちょっと待って!それ、奥さんのいるそばで食べちゃいますか?つわりの時にそれは危険かもしれません。

においの強いものが食べたいなら外で食べるのが無難です。冷蔵庫でも臭いんですから、

「くさい!そんなにおい嗅いだら気持ち悪くて吐く・・・」

とか言われかねません。好きな物食べられなくて辛いですが、奥さんはもっと辛いはず。数か月の辛抱ですから、気を付けてあげて下さい。

ニンニク食べたらブレスケアしてくださいね。つわりの時ににんにくたっぷりの息が夫からしてたら・・・たぶん私なら吐きます(笑)

タバコやお酒はつわりの天敵です

つわりに苦しむ奥さんの横でタバコをぷかぷか、お酒を楽しく飲んでいませんか?

それ、本当にくさいので今すぐやめてください!!!タバコだけじゃなくてお酒も?と思ったそこのあなた。

そうです、タバコもお酒もつわり中は両方くさいです。

部屋がタバコくさかったり、酒くさい口で話されたりしたら、「おえ~~~!」っと吐き気が込み上げてきます。

もともと好きだった人でも、つわり中はにおいがNGと言う人も多いので気を付けてくださいね。

家事を自発的にやって欲しい

つわりで苦しい数か月の間、家事はなるべくお願いしたいです。

吐き気を堪えながら掃除や洗濯をするのって、本当に辛い。トイレ掃除をしようもんなら、便器を見ただけで吐き気が込み上げてきます。

全部きっちりやって欲しいなんて事は言いません。出来る範囲でいいから奥さんを助けると思って頑張ってみてはどうでしょう。

仕事が忙しかったりすると難しい場合もあるでしょうから、その場合は少しくらい家が汚くても我慢です。

埃が少し溜まったって、物が散らかったって人間生きていけますから大丈夫です!

他には家事代行を頼むなんて選択肢もあります。お金で解決出来るなら惜しくない出費だと思います。


女を捨てることになるけど許してね

f:id:ppp2500:20170301211550j:plain

つわりが酷いと、身綺麗にしたりオシャレをしたりなんてことは難しくなります。

一日中続く吐き気、頭痛などに悩まされながら生活しているのに、綺麗で可愛い妻でいるなんて無理ですよ~!

私なんてピーク時は、お風呂に全然入れませんでしたから(汗)お風呂の湯気が気持ち悪いし、入浴は体力をかなり消耗するので辛かったんです。

毎日寝込んでいて、髪の毛はボサボサ、ずっとパジャマですっぴんです。

本当はこんな姿見せたくないけど、体がいうことをきかないんです。もし、奥さんがボロボロの姿で頑張っていても

「汚い!」「身なりくらいちゃんとしろよ!」

とか言わないであげて下さい。そうなるのはあなたの奥さんだけではありません。

妊娠や出産のことを勉強してください

今、奥さんが妊娠何週目で赤ちゃんがどんな状態なのか知っていますか?

これから出産までどんな経過を辿っていくのか理解していますか?

「やばい!全然分からない」と言う方、すぐに本屋さんに行って妊娠出産の本を買ってきましょう。

こんな感じの本が沢山出ていると思うので、読みやすそうなものを買って勉強してください。これから必ず必要になってくる知識が沢山あります。

旦那さんが自発的に勉強しているのを見たら、きっと奥さんも嬉しくなると思いますよ。

妊婦検診に付き添ってくれると助かる

今、産婦人科の数が減っています。子供の数も減っているので需要と供給のバランスが整っているのだろうと思っていましたが、必ずしもそうではありません。

待機児童問題のように都会では「お産難民」という言葉もあり、産婦人科がかなり混んでいることも珍しくありません。

予約が出来ない病院や予約しても2時間~3時間待ちなんてこともあります。特に土日は劇混みです。

つわり中に自分で運転していくのも危険ですし、電車やバスの車内で吐いてしまったら・・・と思うと怖いものです。

奥さんの妊婦検診にはなるべく付き添ってあげてください。

不安や心配だとつわりがより強く出たりしますから、旦那さんが一緒にいてくれるととても心強いのです。

産婦人科の待合室がもし混んでいたら、旦那さんは他の妊婦さんに席を譲る優しさをお忘れなく。

応援するよりは寄り添って欲しい

f:id:ppp2500:20170304152549j:plain

「もっと沢山食べなきゃだめだろ!赤ちゃんの為に頑張って食べよう」

「大変なのは君だけじゃない。みんな耐えてるんだから頑張れ!」

つわりで苦しむ奥さんによかれと思って言ってしまうこれらのエール、実はあんんまり嬉しくない人が多いです。

つわりは病気じゃないけど、症状は病気みたいなものです。しかも病気じゃないから特効薬も無い、ただ終わるのをひたすら待つしかありません。

そこに奥さんの気合や頑張りなんて全く関係ないのです。

気合を入れても頑張っても弱音を吐かなくてもつわりは終わりません。つわりに耐えながら生きてるだけで十分頑張っています。

叱咤激励は応援した気にはなるけど、奥さんにはあんまり効果がないです。むしろ、落ち込んだり怒ったりすると思いますよ。

それよりは苦しんでいる奥さんに寄り添ってあげるのが大切です。

「辛いよね、赤ちゃんの為にありがとう」

「何か飲みたいものはある?食べられそうなものはある?」

こんな気遣いが何より嬉しかったりします。叱咤激励されるよりも、よっぽど頑張ろうという気持ちになる。

義父母への説明は夫の仕事です

孫の誕生は何よりも嬉しいものです。誕生が待ちきれなくてお腹の赤ちゃんの様子が気になって検診のたびに電話やメールもしたくなります。

でもつわりの時は電話もメールもするのが辛くなることも・・・。私がそうだったのですが画面酔いのような感じでデジタル画面を見ると吐き気がするのです。

自分の親なら「今はそっとしておいてほしい」と遠慮なく言えるけど、義父母だとなかなか言いづらいものです。

奥さんの妊娠やつわりの状態を、自分の親に説明するのはあなたの仕事です。

両親が「つわりなんて気の持ちよう」というような間違った考えの持ち主である可能性もあります。(親世代にはこう考える人が多いです)

奥さんに余計な一言を言ってしまう前にあなたが先回りして回避しましょう。

夫が妊娠中にしてくれて嬉しかった事

私は妊娠してすぐにつわりが始まり、重症妊娠悪阻になり入院、つわりが終わったのは妊娠28週とほぼつわりの思い出しかない妊娠生活でした。

この長い長い辛かった日々を支えてくれたのは、実家の母とで夫です。特に夫は仕事をしながら私の看病を本当に精一杯やってくれました。

実は今回紹介したサポート方法は全て私がやってもらって嬉しかったことを元に書きました。

こちらの記事で当時のことを詳しく書いています。

妊娠中の旦那の言動を私は一生忘れない

2016.09.26

あれからもうすぐ2年が経ちますが、今でも思い出すと涙が出そうになるほど本当に感謝しています。

妊娠中の奥さんを持った旦那さんは心配が尽きないでしょう。

ここであげた全てのことを完璧に求めている訳では決してありません。まずは出来るところから始めてみませんか?

きっと夫婦の絆も強まり、素敵なパパになれる第一歩を踏み出せると思います。

つわり関係の記事はこちらから詳しくご覧いただけます

当サイトのつわり関連の記事をまとめたものが以下のリンクの記事です。

つわり体験記以外にも食事対策やサポート方など、様々なものを書いていますので是非一度ご覧ください。

つわりの対策方法。症状や食事、治療方法など乗り切るヒント

2017.04.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA