「つわりがないと親孝行な子」という表現が苦手

タイトルですでに気分を害された方がいると思います。

先に謝らせてください。すみません。「僻むな」「そんな表現一つで大人げない」そう思われた方もいらっしゃるでしょう。この先読んでも気分が良くはならないですと書いておきます。読まない方が良いです。

「つわりがないと親孝行な子」とリアルで聞いても、「良かったね~!本当に親孝行だね」と言いますが、心の中では悲しい気持ちでいっぱいになります。

今でこそ産後しばらく経ち、可愛いわが子と楽しく過ごしているのでこう聞いてもそこまで落ち込みませんが、妊娠中の落ち込みようったら半端なかったです(汗)

もしかして私以外にもこの言葉に苦しんでいる方がいるかな?と思い、私の正直な気持ちを書きます。

スポンサーリンク

つわりがないと親孝行?確かにそうだよね

つわりは諸説ありますが約8割の妊婦が経験すると言われています。もちろん少し違和感があるだけの軽い人から、入院するほどの重い人まで、症状も様々です。

私は重い方の人で、吐いた回数は累計400回以上、入院も経験し、重症妊娠悪阻の診断でした。

つわり期間の半年間は、もう辛くて辛くて本当に「この場からいなくなりたい」と思うほど、体力的にも精神的にもやられていました。病院以外の外出は全く出来ず、お風呂も入れなく、何も食べられない日々。それでも吐く、吐く、吐く、胃液や血まで吐く。

こんな地獄みたいな生活を続けている時に、芸能人のおめでたニュースを目にしました。

母親思いの子供のようでつわりは全くなく・・・

コメントの中でこんな表現があり、泣きながら吐いていた私はすごくショックでした。じゃあ、こんなに酷いつわりで吐きまくっている私は一体なんなんだろう。

でも、こういった表現ってよく耳にしますよね。

「つわり全然なくて、本当に楽で良かった!お腹の中にいる時から親孝行だったの」

「つわり?なかったよ~。親孝行な子で助かったよ」

こんな感じで友人・知人から言われてさらに落ち込みました。

確かにつわりがないほうが楽だし、いいに決まってますよね。ママにとっては親孝行な子なんでしょう。でも、私はこの表現をどうしても好きになれないのです。

自分って本当に嫌な人間だ

妊娠中はホルモンの影響や体の変化などで、情緒不安定になりがちです。

今なら、「つわりがないと親孝行」と聞いても良くは思わないですが特別落ち込んだりはしません。でも、当時の私は違いました。

いちいち言葉の揚げ足をとるような自分が本当に嫌でしたし、落ち込む自分も嫌でした。

「私はなんでこんなに心が狭いのだろうか・・・。」

「つわりがあってもこの子だって十分親孝行じゃないか」

そんな風に思っては、自己嫌悪する時間が多かったです。そして、毎日が苦しくて辛くて耐えられなくなると、また自分の中のもやもやが溢れ出て来てどうにもならなくなるのです。

「つわりがないと親孝行って、私の子供は親孝行じゃないって言いたいの?」

いやいや・・・誰もそんなこと言っていないじゃないか。と今なら言えるしそう思う。

妊娠中だからだと割り切る。あなたのせいじゃない

今色んな言葉や環境に振り回されて、自分が嫌な人間だと思っている方いらっしゃるでしょうか?

それは妊娠して情緒不安定になったり、体力・精神力ともに余裕がないからです。だれでも余裕が無い時は、ずっと優しい気持ちではいられないでしょう?広い心を持ち続けるのは難しいでしょう?

イライラしたりムカついても、顔に出したり口に出したりしなければオッケー!

私の場合は「つわりがないと親孝行」だったんですが、人によっては「つわりがあると元気な証拠」かもしれないし、「妊娠しても全然太らない」かもしれない。

やっぱり妊娠中は不安だし、辛いことも多いから誰かと比べたくなる。

比べなきゃいいのに比べて、「キーッ!なんだよ!」って思ってしまうこともある。でも、そんな自分が嫌だと少しでも思ったら、産後余裕が出来た時、もうそんなに気にならない可能性も高い。

面倒くさいけど、「妊娠中だから仕方ないな」と割り切って自分の中だけで思う存分もやもやしていればいいんじゃないかな。

「親孝行」というフレーズは家族にしか使わない

私は妊娠中の時の黒い感情を経て、今でも「親孝行」というフレーズは家族以外には使わないと決めています。

「夜まとまって寝てくれて親孝行だね」

「全然風邪をひかなくて親孝行なの」

「離乳食沢山食べてくれて親孝行な子だ」

子供はいろんな子がいる。夜寝る子・寝ない子。大人しい子・活発な子。よく食べる子・食べない子。

夜全然寝てくれなくて疲弊している親に言う?沢山風邪をひいて大変な家庭があるかもしれないのに?離乳食食べなくて辛い思いをしている人もいる。

特に赤ちゃんを育てている時は必死で、悩んで、まわりと比べてしまう。その時にもやもやする言葉ってあります。

言いたい時は家族・身内にしています。ママ友や友人には言いません。

育てやすい子・手がかからない子が親孝行と言うのは、確かにそうかもしれないけど、何だか少しひっかかってしまうのです。

大人になって使うのとはまた違った感情があると思います。だって、赤ちゃんや子供のうちは親孝行しようと思ってやっていることではないんだもの。

子供の意思とは別に、親が感じたことを親孝行と言うのに少し違和感があるのかな。

私がこの言葉を使わないだけで、聞きたくない・言うなとは思っていません。ただ、やっぱり少しばかりの心遣いが出来る人間でいたいなと思う。

子供がそこにいてくれるだけで、それが一番幸せ。

こちらの記事もおすすめです

風邪をひいたけど、育児・家事・仕事が辛すぎてくじけた

2017.05.13

寝かしつけでイライラするあなたに。共感と励ましの言葉を贈ります

2017.04.24

4 件のコメント

  • こんにちは。
    とても良く分かります。
    私も何度もその言葉耳にしました。
    (そんなにつわりがある子だから)「産まれてきたら、もっと大変だろうね」と言われた事もあります。

    「つわりがひどかったり、難産の子どもは丈夫な子が多いよ!」と、看護婦さんに言われ報われたのを思い出しました。
    迷信かもしれませんが、その通りに娘は今年5歳ですが、
    今まで風邪も引かず、とても健康に育ってくれています。
    つわりの辛さを知ったからか、その後の子育てで辛い事があっても、「あの辛さに比べると」と自分の糧にもなっています。

    現在2人目妊娠中でつわり真っ只中なので、今はつわりを憎む事しか出来ませんが、これが終わればまた一つ自信に繋がると信じて、乗り越えようと思っています。
    こちらのブログもいつも楽しみに拝見しています。

    • きーママさん
      読んでいただいてありがとうございます(^^)/
      ね~、言われますよね・・・。「産まれてきたらもっと大変」だなんて、傷つきますね。
      私もつわりが酷いと元気な子やIQの高い子供が多いと言われて、それを支えにしていました。
      そういえばうちの娘もほとんど風邪をひかずに元気です。IQは分かんないですけど(笑)
      つわりって本当に辛いですから。どこかの記事で書いたけど、大病を患って大手術をした祖母も「重症妊娠悪阻の方が辛かった」と言っている位です。
      あのずーっともやもやして24時間気分が悪い、食べれない、眠れないに比べると色んな事がマシに見えますね!
      きーママさんは二人目なので、赤ちゃんの可愛さを知っているからきっと前より大丈夫だと思います。
      5歳の娘ちゃんもママの頑張りを見て成長しているんじゃないのかな。

  • 私はつわりがほぼなくて、超安産でした。産まれた娘もよく寝る手のかからない子です。よく他の人から「いい子だねー、親孝行だねー」と言われます。そういうとき内心「ふざけんな、うちの子はいい子だけど、手がかからないからいい子なんじゃねー!!」って思っています。
    だって、そのようなときに使う、『いい子、親孝行』は紐解いてみれば、『親に都合が良い子』という意味だと思うからです。親が楽でいられる子だけを良しとするのは、おかしいです。
    赤ちゃんってみんな、のびのびしているんですよ。したいこと、欲しいものを口に出してくれます。お母さんの都合なんてなんのそのです。たまたま、親の都合にあったり、あわなかったりするだけで、みんな一生懸命自分のしたいように伝えてくれているんです。みんなみんな良い赤ちゃんです。

    • ハリーさん
      うんうん。みんな良い子で良い赤ちゃんですよね。
      その子によって妊娠中から本当に色々ですけど、みんな一生懸命なんですもんね。
      どうしても他の家庭と比べてしまって勝手に落ち込んだりしていましたが、本当に親の都合でしかないです。
      まだまだ私も新米ですが、出産当時よりはいろいろ娘と経験してきました。子供がそばにいてくれるだけで十分親孝行ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA