鬼滅の刃の怖くないグロくない話は何話?残酷なシーンを避けて見たい【アニメ回まとめ】

鬼滅の刃を子供が見たがっているけれど、怖くない話もある?
グロイのが苦手だからそこを避けて見たい

なるべくそういったシーンを避けながら楽しみたい方に向けて、アニメ「鬼滅の刃」の怖くない話・グロくない話をまとめました。

主観で選んでいますので感じ方に個人差がある可能性があります。また、ネタバレも含みます。

私は鬼滅の刃が好きで漫画・アニメどちらも見たのですが、低年齢のお子様(未就学児~小学校低学年)には避けた方が良いと思っています。

刺激の強いシーンが多々あるのが理由で、詳しくは以下の記事に書いています。

鬼滅の刃を子供に見せる?漫画アニメ両方みた親だけど低年齢のうちは見せたくない

2020年6月18日

当記事では低年齢のお子様に視聴をすすめるものではない事をご理解ください。

あくまでも怖い・グロいシーンが苦手だけど鬼滅の刃を見てみたい方、ある程度の年齢のお子様に向けた記事となっています。

「鬼滅の刃」怖い・グロいシーンが少ない回

アニメ「鬼滅の刃」で怖いシーンやグロいシーンが少ない回をまとめました。全て筆者が独断と偏見で選んだものになりますので、感じ方には個人差があります。

「殺す」「殺された」などの表現や鬼の描写、多少の流血シーンなども含まれます。(鬼滅の刃でこれらの表現が一切ない回はありません)

その中で注意が必要だと思うシーンには時間も書いてあります。Amazonプライムで視聴しましたので、その他ストリーミングやDVD等では多少の誤差がある可能性があります。

3話 錆兎と真菰

鬼殺隊に入るための「最終選別」に挑むため、鱗滝と修行をする炭治郎。

山下りの修行、錆兎との戦闘シーンはあるが流血等はない。

ただ、3話の冒頭に鬼殺隊と鬼についての説明があり、血だらけの鬼と血を流して戦う鬼殺隊が写る。(02:27~03:18辺り)

14話 藤の花の家紋の家

元十二鬼月である響凱を撃破した後、藤の花の家紋の家で休息をとる。

前半は善逸が伊之助にボコボコにされたり、炭治郎と伊之助の戦闘シーンがあるが、怖くはなく骨折と鼻血が出るくらい。中盤以降はほのぼのコメディ要素が強い。

響凱に殺された人たちを埋葬するシーンがあるが死体は出てこない。

22話 お館様

鬼殺隊員でありながら鬼の禰豆子を連れているのは隊律違反であるとして鬼殺隊本部にて裁判を受ける炭治郎。

無抵抗の禰豆子が柱の不死川に刺されるシーンが2度ほどあり、流血シーンもあるが怖さはないと思う。

22話・23話と柱が揃い紹介シーンもある。

23話 柱合会議

22話に引き続き、OP前(0~25秒ほど)に禰豆子が不死川に刺されるシーンあり。人間の血を見ても襲わない・傷つけないと耐える禰豆子、そして炭治郎は鬼殺隊として認められることになる。

傷の回復と訓練のために蝶屋敷へ向かう炭治郎。23話はこれ以降、怖いシーンはありません。戦闘シーンもないのでOP以降ならお子様が見ても問題ないかと。

24話 機能回復訓練

しのぶの屋敷(蝶屋敷)で怪我の治療あたる炭治郎たち。その後の機能回復訓練はコメディ要素もあるほのぼのとした回。

24話も戦闘シーンなどはありませんが、回想シーンで気になるところがあるのであげておきます。

  • 5:50辺り→鬼に蜘蛛にされた隊士(那田蜘蛛山の回想)
  • 19:50辺り→しのぶの姉カナエの絶命シーン(しのぶの回想)
  • 21:12辺り→炭治郎の家族惨殺シーン(炭治郎の回想)

一番はやはり無惨に襲われた炭治郎の家族のところですね。1話よりは時間も短く、衝撃度は少ないですが小さい子供には避けた方が良いでしょう・・・。

特に弟の竹雄の目が空いているのがちょっと怖いんですよね。

気になる方は回想シーンを飛ばしてみた方が良いかと思います。

25話 継子・栗花落カナヲ

24話引き続き、蝶屋敷での特訓。全集中常中の呼吸をマスターする為に奮闘する炭治郎たち。

怖いシーンはありませんが、しのぶの継子・カナヲの回想(9:04~11:50辺り)で親に殴られ売られるシーンがある。この時のカナヲは汚く蝿が飛んでいたりします。

個人的には小さい子供に見せるには躊躇しますね。

「鬼滅の刃」注意したい怖い・グロいシーンがある回

鬼滅の刃は、鬼になった妹を助ける為に戦う炭治郎や人々を守る為に鬼と戦う鬼殺隊の物語です。

鬼との戦闘シーンや、鬼が人を喰うシーンが沢山出て来ます。

戦闘により血が出る、人が死ぬ、鬼を殺す(首をはねる)などが当たり前のようにある作品ですが、その中でも私が個人的に特に怖い・グロいと思ったシーンのある回をまとめました。

ここに書いた以外にも怖い・グロいと思われるシーンがあります。

1話 残酷

小さいお子様や血や怖いシーンが苦手な方は、「とりあえず1話から見よう」というのは鬼滅の刃においてはやめたほうが良いです。

炭治郎の家族が惨殺され、変わり果てた姿を見つけるシーンなので7:50~8:40辺りは要注意です!

その他にも1話は禰豆子が鬼になり炭治郎を襲う、また18:28~18:40辺りにも鬼が人を喰うシーンがあります・・・。

4話 最終選別

鬼殺隊入隊の為の最終選別。

炭治郎が戦うのは50人は人を喰ったという戦闘力の高い「手鬼」

まず、ビジュアルが気持ち悪い。小さい子供なら泣き出すレベルだと思う・・・。

さらに人を喰う時のボリッボリッという音、更にはシルエットのみだが人の手足が引きちぎられたり頭を潰されるシーンがあります。

8話 幻惑の血の香り

鬼舞辻無惨が絡んできた不良を殺し、その仲間の女性に自分の血を与えるシーンがなかなかグロい。(6:50~9:30辺り)

子供ならトラウマになるかもしれません。大人でも苦手な方はダメだろうなと思います。

10話 ずっと一緒にいる

鬼である朱紗丸が鬼舞辻無惨の呪いにより肉体が破壊され、殺されるシーンがあります。(9:30~15:20辺り)

声優さんの苦しむ演技と潰れる時のグシャっという音など、こちらも子供やグロ耐性の無い方には要注意です。

26話 新たなる任務

鬼舞辻無惨による下弦の鬼の解体シーン。00:50~9:40辺り

22話から戦闘シーンがほぼなく、ほのぼのとした話が続いているがその流れで観ると危険。作画はとても良いですがそのためかより残酷でグロくなっています・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください