T-falインジニオ・ネオIHステンレス口コミ。違いは?使いやすいの?

ティファールの取っ手のとれる調理器具を愛用して約10年。

今まで使っていたものは、セレナーデというシリーズの前モデルのものです。(おそらく一番有名な標準タイプのもの)

5年ほど使用して最近こびりつきやすくなり、買い替えました。

ちょっと私にはお高かったのですが、T-falインジニオ・ネオIHステンレスを購入。

しばらく使い倒しましたので使用感や、他商品との違いをレビューします。

ステンレスだとどう違うの?

テフロン加工を気にせず食洗機へ

私がステンレスのこちらのシリーズを選んだ一番の理由、それは

気兼ねなく食洗機でガンガン洗えるからです。

まず、誤解のないように言いますと、ティファールの鍋やフライパンが食洗機で洗えないという訳ではありません。

公式HPの「よくあるご質問」欄には食洗機で洗うことが出来ると書いてあります。

しかし・・・やはり気になる。

色々と口コミを見ていくと、食洗機は寿命が縮まるという声や、キズの部分からテフロン加工がはがれたと言う声も。

私は心配性なので、テフロン加工してあるフライパンとソテーパンは手で洗っています。

 

こちらのソースパンはテフロン加工されておらず、オールステンレス。

ソースパン二つはこのように食洗機でガンガン洗ってます!毎日です。

ステンレスはお手入れをしていけば、長く使えるのが特徴です。

※お手入れ方法は後述します。

スポンサーリンク

保温性と保冷性に優れている

ステンレスは保温性と保冷性に優れています。

煮込み料理なんかは、温まると冷めにくい性質の為、ステンレスは特に向いているのです。

ソースパンの目盛りが便利

ソースパンに目盛りが付いているので、これがすごく便利なんです。

以前使っていたテフロン加工のソースパンには無かった機能です。

いつも計量カップで量って水を入れていたのですが、目盛りが付いているのでその手間が省けました。

まぁ、正確に入れるなら量らないとだめなんですが、日常使いではこれで十分。

スタイリッシュでカッコいい

あとは・・・やはり見た目がスタイリッシュでカッコいいのも魅力。

これで調理すると気分が上がるので、料理がほんの少し楽しくなる・・・ようなならないような。

取っ手を外してこのまま食卓へ持って行っても、オシャレですよ。

インジニオ・ネオIHステンテスの使い勝手は?

私はティファールの取っ手が取れるシリーズが大好きなので、やはり使い勝手は良いです。

シリーズ共通なので、別にこのステンレスならではではないのですが・・・(笑)

二つ同時に調理しても、取っ手を外したり付けたりがスムーズです。

持ち手もどんどん進化していきますね。

横のボタンを押して着脱出来るワンタッチ式なのでらくちんです。

バタフライがらすぶたは、上部に付いているつまみを閉じる形で持ち上げます。

ふたの周囲とつまみはシリコンなので熱が伝わりにくく熱くありません。

カレーやおでんなど、余った料理は付属のシールリッドで蓋をします。

そしてそのまま冷蔵庫へ!お皿に移したり、ラップをかけたりする手間が省けます。

ソースパンの高さも丁度良く、大きい方の20cmサイズでも冷蔵庫内の棚にぶつからない大きさです。(冷蔵庫によってはぶつかるかもしれませんが、わが家は余裕です)

ソースパンのこびりつき注意!

まぁ当然と言えば当然なのですが・・・テフロン加工されていないソースパン(鍋)で肉を焼くと、こびりつきます。

上の写真は丁度(?)こびりついている所です。

テフロン加工に慣れ過ぎているせいか、こうなるんだというのが頭からすっぽり抜けてました(笑)

油+肉のみで焼くとかなりの確率でこびりつくので、肉じゃがやカレーなど、煮込む前に鍋て肉を炒める場合は、野菜と一緒に炒めています。

これならほぼ大丈夫です。

肉や魚を焼くのはテフロン加工のフライパンでした方が無難です。

ステンレスのお手入れはどうする?

ステンレスの鍋ってお手入れが大変なんじゃないの・・・?

と思い、今まで何となく手に取ってこなかったのですが、余りのカッコよさに釣られ購入してしまいました。

使い始めの頃は、汚れもよく落ちるし、特に不便は感じていなかったのですが・・・

じゃじゃーん!

おぉ!これが噂に聞くステンレスの焦げか。

ちょっとカレーを温めなおす時にうっかり焦がしてしまいまして、洗ってもなかなか取れなかったんですよ。

テフロン加工のものだと、こうはならないのでやっかいですよね。

 

今回この焦げと、薄っすらついている汚れを落とそうとこんなものを使ってみました。

お試しサイズのものが家にあったので、これを水で薄めて使いました。

ステンレスには3分以上放置しない方が良いと書いてあるので、すぐに水で洗い流して、スポンジで汚れを落としていくと・・・

結構キレイになった!!

まだよ~く見ると多少残っているのですが、これだけ綺麗になれば十分かな。

こんな洗剤が無くても、酢や重曹、クレンザーを使って汚れを落とす方法もあります。

お手入れはちょっと面倒くさいけど、大事に使えばかなり長持ちするので、長期的に見ればお得ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください