読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちびドラマーチ

神奈川在住の一時の母です。妊娠期間の半分以上、本気で苦しんだ悪阻(つわり)のこと。子育てのこと。大好きなドラマのレビュー書いています。

椰月美智子『明日の食卓』/子供へのイライラ、暴力の衝動を止められますか?

日常 日常-何でも

『明日の食卓』わが子へのイライラを題材にした衝撃作

f:id:ppp2500:20161001151355j:plain

photo credit: danigutib Pure love via photopin (license)

 

椰月美智子さんの小説『明日の食卓』を読みました。(2016/8/31初版)

偶然見ていた王様のブランチで紹介されていて、1歳の娘を持つ私にとってそのあまりに衝撃的な内容にこれは読みたいとすぐに購入し読み始めました。

ニュースでも耳にすることの多い児童虐待、自分には全く関係のないことと思って過ごしてきましたが、その入り口は親ならば誰もが経験するようなわが子へのイライラにあるとこの本は訴えています。

内容が内容なので万人におすすめ出来るかといえば正直そうではありませんが、子を持つ親としては読んでかなり考えさせられるものがありました。

子供を持つお母さんだけでなく、是非ともお父さんには読んでもらいたいです。

以下、重要な部分はネタバレしないように書きます。しかし多少は踏み込んでいますので全く知りたくない方はあらすじ以降お気を付けください。

あらすじ

『明日の食卓』には3人の子持ち女性が登場します。いずれも「石橋ユウ」という小学校3年生を育てる母親です。

  • 石橋 あすみ(36)静岡在住・専業主婦
  • 石橋 留美子(43)神奈川在住・フリーライター
  • 石橋 加奈(30)大阪在住・シングルマザー

この3人はお互い面識も無ければ「石橋ユウ」という同姓同名の息子を育てているという以外の共通点はほとんどありません。また物語の中で3人が関わっていくということもありません。

3人それぞれの視点からそれぞれの家庭を描いた小説です。

しかしこの小説の凄いところは初めの一ページ目が、ある母親が息子である「ユウ」を虐待して手にかけてしまうシーンから始まるところです。

本の帯にはこう書いてあります。

f:id:ppp2500:20161001150607j:plain

息子を殺したのはですか?

同じ名前の男の子を育てる3人の母親たち。

愛する我が子に手を上げたのは誰かー。

どこにでもある家庭の闇を描いた、衝撃の物語。

幸せそうに見える3人の母親たちですが、物語が進むにつれて子供へのイライラから暴力への衝動に駆られていきます。

一体誰が息子の「ユウ」を?というのは分からないまま進んでいくのでぐいぐい話の中に引き込まれていきます。

続きを読む

妊娠中の旦那の言動を私は一生忘れない

育児 育児-私が言いたいこと

妊娠中の旦那の言動を私は一生忘れないと思う

f:id:ppp2500:20160330091242j:plain

昨年娘を出産し元気に育って1歳になりました。

正直、育児は大変だとは聞いていたけど想像以上に大変でした。上手に授乳出来ない、とにかく泣いて抱っこを拒否る、夜泣きが酷かったりとメンタルを多少やられながらも夫婦で協力しながら何とかここまで来た感じです。

育児も大変だけど、妊娠出産の大変さは想像を絶するものでした。こちらはまわりから聞いていたものよりも私の妊娠生活がハードモード(妊娠重症悪阻)だったので「こんなはずはない」と数か月思い続けて絶望を味わいました。

そんな妊娠期間を経て育児を1年間してみて分かったことがあります。

妊娠出産で旦那が妻にした言動を妻は一生忘れずに覚えている

これ、本当だと思う。

それも何故かその当時よりも時間の経過した今の方がとても色濃く残って鮮明である。

※つわりの話なので汚い表現もあります。お気を付けください。

妊娠中の旦那の言動を振り返る

私はスーパー酷いつわりに苦しみ、4か月間はほぼ寝たきりで吐きまくりでその間は外出も病院以外は一度も出来ないという病気のような感じだった。食べれないのに吐くので胃液と胆汁も吐いてしまい、のどが切れて血も吐くほどに(汗)

2016/9/28追記

重症妊娠悪阻でケトン体+3が出たため入院もしました。点滴治療(絶食)を数日したあと脱水が改善された為退院。その後の話です。

つわりの症状が酷い重症妊娠悪阻になるのは全妊婦の0.1~1%とのこと。もちろんつわりも辛いですが、みんなが私のようになるわけではありません。もっと酷い人もいますが軽かったり無い人もいます。

両実家遠方、旦那は会社員で通常の帰宅時間は21時~23時位です。頼れるのがほぼ旦那のみの中、私にしてくれたことを振り返ってみる。

平日の朝

  • 私より30分早く起きる
  • 部屋を暖め、私が使うゆたぽんを暖める
  • 私が食べる朝ごはんのおかゆを作る、飲み物を用意する
  • 私を起こしてリビングまで介助しながら移動
  • 吐き気をもよおし苦しむ私を助けながら朝食
  • 私の日中飲む飲み物を水筒に数種類用意(冷蔵庫を開けられない為)
  • 私のお昼ごはん(おにぎり、パン等)を用意する
  • 自分の身支度をして出社

平日の夜

  • 帰宅は18時~19時の間に早まった、遅い時でも21時
  • お風呂掃除をする、リビングの掃除を軽くする
  • 夕食作り(私の食べられる物が限られているためそれを作る)
  • 吐き気をもよおし苦しむ私を助けながら夕食
  • 夕食の後片付け、日中にたまった洗い物もする
  • 洗濯をする
  • トイレ掃除をする(私の使用頻度が高いため)
  • 私のお風呂に入る介助(フラフラなので)
  • 私が眠れるまで寝ずに介抱、手を握ったり背中をさすってくれる

休日は上記のこと+スーパーへの買い出しや病院への付き添いをこなし、その他の雑用も全て一人でこなしてくれました。

仕事に関しては詳しいことは言わないけど、会社に言って配慮してもらったみたいです。現在は取り戻すかのように仕事に追われてます・・・。

続きを読む

義実家帰省の時の嫁は「お客様」で問題ないと思う

日常 日常-何でも

義実家帰省の時の嫁は「お客様」で問題ないと思う

f:id:ppp2500:20160924004216j:plain

義実家と別居している場合、連休などで帰省をしますよね?

日帰りできる距離なので泊まらない、遠方なので宿泊させてもらうなど色々あると思いますがいつも心のどこかでもやもやしているこの問題!

義実家帰省の時の嫁はどういうポジションでいるのかいいのか?

ポジションというのがちょっと分かりにくいのですが、おおまかに分けるとこの3パターンになると思います。

  1. 家族の一員として普通に家事をこなす
  2. 義母のお手伝いをする
  3. お客様でいる

多くの方が2ですかね?これはその家庭とか雰囲気によってまちまちだと思いますが、私はというといつも2と3を彷徨っています(嘘です、結構3よりになりつつあります)

嫁が「お客様」だと非難されるのは何故なのか

よくネットで見るのは、姑(小姑)の方からの「嫁が帰省してきても、いつまでもお客様でいて何もしないのがムカつく」というお怒りの言葉です。

言いたいことは分かるんだけど、自分が育った実家でもない家でせっせと家事するっていうのは何か違うような気がします。それに対して何もしない!お客様!と言われましても、お客様じゃないの?と図々しくも思ってしまうダメな嫁です。

そう思うのには理由がありまして、逆に義母が嫁達の家に遊びに来たり泊まることもあると思いますが、その時は「お客様」で来ますよね?

料理したり掃除したり買い物したりするのは当然その家主である私たちがするものだと思います。私は義両親が遊びに来た時はもちろん全力でおもてなしします。家事させたりしたくないし、してもらおうとか思いつきもしません。

なのにどうして嫁が帰省した時は「お客様」態度だと非難されるのかよく分かりません。「義両親が遊びに来たけどお客様で何もしない!」とか言ってるの聞いたことありませんよ。これ、おかしくないですか?

感じる・・・めちゃめちゃマダムにムカつかれているのが(笑)

最低限のことをするのはマナー

とはいえ本当に微動だにせず、何もしない訳ではありません(そんな地蔵みたいな嫁いるか?)

  • 布団の上げ下げ
  • 食べた食器を下げる
  • 自分たちの洗濯
  • 子供の食事の用意(わが家はまだ離乳食)

このあたりは最低限のマナーだと思っているので当然やります。義家族じゃなくても、友達の家にお邪魔したり泊まらせてもらったりする時もこれは絶対やるので。

続きを読む

【おすすめ漫画】アラサー女が懐かしの少女漫画50選を全力で思い出して紹介する

日常 日常-マンガ
  • アラサー女が懐かしの少女漫画45選を全力で思い出して紹介する
    • 思い出のなかよし連載作品
      • ミラクル☆ガールズ
      • 美少女戦士セーラームーン
      • あずきちゃん
      • くるみと7人のこびとたち
      • 魔法騎士レイアース
      • 怪盗セイントテール
      • デリシャス!
      • カードキャプターさくら
      • あわせて1本!
      • 夢幻伝説タカマガハラ
      • 夢のクレヨン王国
      • だぁ!だぁ!だぁ!
      • おジャ魔女どれみ
      • うるきゅー
      • 東京ミュウミュウ
      • プライベートアイズ
    • 思い出のりぼん連載作品
      • 姫ちゃんのりぼん
      • 天使なんかじゃない
      • ママレード・ボーイ
      • 赤ずきんチャチャ
      • ケロケロチャイム
      • こどものおもちゃ
      • ご近所物語
      • ベィビィ★LOVE
      • 君しかいらない
      • ミントな僕ら
      • グッドモーニング・コール
      • 神風怪盗ジャンヌ
      • GALS!
      • Wピンチ!!
      • 世紀末のエンジェル
      • 愛してるぜベイベ★★
      • ペンギン☆ブラザーズ
    • 思い出のちゃお連載作品
      • アリスにおまかせ!
      • こっちむいて!みい子
      • エンジェルリップ
      • はじけてB.B.
      • ライバルはキュートBoy
    • マーガレット、花とゆめ、別フレ等
      • 彼まで♡(ラブ)キロメートル
      • そんなんじゃねぇよ
      • CRAZY FOR YOU
      • 花より男子
      • 赤ちゃんと僕
      • 快感フレーズ
      • ももち麗子 問題提起シリーズ
      • ふしぎ遊戯
      • 彼氏彼女の事情
      • Wジュリエット
      • ビーナスは片想い
      • ピーチガール
    • まとめと私的ランキング

アラサー女が懐かしの少女漫画45選を全力で思い出して紹介する

天使なんかじゃない 3 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

 

漫画大好きなアラサーです。

3姉妹なので姉と妹と一緒に集めたり、友達と貸し借りしていたら気が付いたら子供時代は漫画漬けでした。特に少女漫画雑誌のなかよし、りぼん、ちゃおは小学生時代の私を作った一部といってもいいほど読み込んでいました。

以前にこんなエントリーを書いたのですが、

www.tsuwari-hanako.com

おまけで紹介した懐かしの漫画が中途半端だったので、このさい一気に書いてみようと思い書きました。

私が小学校~中学位に読んでいたもの=懐かしいっていう個人的な定義で選んであります。必死に思い出しましたが忘れているところは読み返したり妹に聞いたりして書いたので間違いもあるかも。

あらすじや自分の感想を書いていたらクッッソ長くなってしまったので、目次から選んで読むほうがいいかもしれません。さらっとネタバレもしているのがあるので見たくない方は感想は読まない方がいいです。

続きを読む

そして、誰もいなくなった最終回ネタバレ感想 衝撃もドンデン返しもなく誰得なラスト

ドラマ ドラマ-2016夏ドラマ

そして、誰もいなくなった 最終回ネタバレ感想

f:id:ppp2500:20160719201512j:plain

先に言っておきます。

 

最後だけ妙にまとまってんじゃねーーーよ!!!

このドラマは月9か?土9か?

幼馴染ありがちラブストーリーでもなく、さわやか社会人奮闘物語でもなく、アガサクリスティーの同名小説と同じタイトルをつけたサスペンスドラマでしょ?

サスペンスドラマのラストが「お・・・、おぅ」っていう感想じゃだめだと思うんですよ。最後までドンデン返しがあってクレジットの所でも困惑して飲み込めずに終わる位のを期待していたんですがね。

何の衝撃もドンデン返しもないラストでした。

正直、期待していただけに裏切られた感満載でがっかりしてます。なので辛口になります。

日下の協力者は万紀子

日下は万紀子が捨てた実の息子だった。

女で一人で日下を育て苦しい生活をしていた万紀子は、資産家である藤堂の父と再婚することを決意する。しかし、この再婚の条件は息子である日下を養子縁組に出し万紀子1人で嫁ぐというものだった。

新一の父・・・えげつねぇ!!!

万紀子は迷いながらも日下の将来の為を思い(資産を日下に渡すつもりだった?)藤堂家に嫁ぐが、藤堂の父はほどなくして亡くなりひとり息子である新一1人になってしまった。

自分のもとに万紀子が帰ってくると思っていた日下だが、万紀子は藤堂家に残り新一と生きることを選んだのだ。この時に日下の中に芽生えた新一への憎しみが憎悪となり今回の事件へと発展していくことになる。

日下の共犯者が誰かっていうのが、この最終回の一番の見せ場だったと思うんだけどまさかの万紀子という何のひねりもない結果に。

いや!!それは前回でだいたい分かってたし!!(汗)もっとこう驚くような人物をもってきてくれたら入り込めたのになぁという残念さ。

続きを読む